PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています

【東芝】東芝、パソコン売却へ 台湾ASUSと交渉

asus_logo-300x300


1: 名無しさん@趣味人 2017/11/16(木) 23:18:01.08 ID:CAP_USER
経営再建中の東芝が赤字続きのパソコン事業を売却する方針を固め、台湾大手のASUS(エイスース)と交渉に入ったことが16日、分かった。東芝のパソコンはかつて世界シェア首位に立つ看板事業だったが競争力が低下し、自力での立て直しは困難だと判断した。それぞれ中国企業への売却に踏み切った白物家電とテレビに続くリストラで、一般消費者向け事業から事実上撤退する。
 
情報通信事業で三井物産との提携を検討していることや、20日に開く取締役会で懸案の資本増強に関し詰めの協議を行うことも分かった。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017111601001427.html

続きを読む

【COCOROBO】シャープのロボット掃除機「セッションID」の管理に不備があり、第三者が遠隔操作できる恐れ

no title


1: 名無しさん@趣味人 2017/11/16(木) 21:20:08.35 ID:CAP_USER9
シャープのロボット掃除機、第三者が遠隔操作できる恐れ
11/16(木) 18:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000100-zdn_n-sci
no title

ロボット掃除機「COCOROBO」(RX-V200)

 シャープのロボット掃除機「COCOROBO」を第三者が遠隔操作できる可能性があると、情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターが11月16日に注意喚起した。ファームウェアを最新版へアップデートするよう呼び掛けている。

【対象バージョンの一覧】
http://image.itmedia.co.jp/l/im/news/articles/1711/16/l_kf_cocorobo_01.jpg
 発表によれば、COCOROBOのユーザーを区別する「セッションID」の管理に不備があった。同じLAN内の第三者がセッションIDを偽り、実際の所有者になりすましてCOCOROBOを遠隔操作できる恐れがあるという。

 IPAの広報グループは「ロボット掃除機が外部から取得するデータは少ないが、情報漏えい・改ざんの可能性もある」としている。

続きを読む

【自動車】日産、「GT-R」2018年モデル発売

no title


1: 名無しさん@趣味人 2017/11/16(木) 21:17:35.72 ID:CAP_USER9
 日産自動車は11月16日、スーパースポーツカー「GT-R」2018年モデルを発売した。価格は1023万円~1397万円円(税込)。

 570PS、637Nmを発揮する3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン「VR38DETT」を搭載する超高性能車。

 2018年モデルでは、これまで「GT-R NISMO」「GT-R Premium edition」に標準設定していた車両防盗システムを全グレードで標準装備とした。また「Apple CarPlay」にも全グレードで対応し、インフォテインメントシステムとiPhoneを連携できる。

 専用チューニングを施した「GT-R NISMO」も2018年モデルを発売する。価格は1870万円(同)。

2017年11月16日 14時27分
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/16/news093.html
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/16/news093_2.html

GT-R
no title

no title

no title

no title

GT-R NISMO
no title

続きを読む

 【ゲーム】〈倒産からの〉格闘ゲームの“古豪”復活へ SNKが増収増益

no title


1: 名無しさん@趣味人 2017/11/16(木) 11:54:20.01 ID:CAP_USER
人気格闘ゲームシリーズを手掛けるSNK(大阪府吹田市)が11月14日、官報に掲載した決算公告(16年8月~17年7月期)によれば、
売上高は42億8100万円(前年同期は32億300万円)、経常利益は19億8600万円(同13億1700万円)と増収増益だった

 当期純利益は31億500万円(同5億5800万円の赤字)、
累積の利益や損失の指標となる利益剰余金は18億2900万円(同12億7600万円の赤字)。

 SNKは1978年の創業。90年代に『THE KING OF FIGHTERS(KOF)』『餓狼伝説』『サムライスピリッツ』などの
格闘ゲームシリーズを次々と世に送り出し、業務用・家庭用兼用のプラットフォーム『ネオジオ』も展開。
驚異的な売上を記録したが、格闘ゲームブームが沈静化し、多角経営の失敗も相まって、
01年にゲーム開発会社としては最大級の380億円の負債額を計上、倒産した。

 倒産後は、系列会社だったプレイモアがIP(知的財産)を落札して、SNKプレイモアとして再生した。
だが以前のようなゲーム会社としての存在感は薄く、IPを活用して2004年にはパチスロ事業に参入。
第1弾の『メタルスラッグ』に始まり『餓狼伝説』『KOF』といった看板タイトルをパチスロ機として投入していた。

 しかし15年8月に中国のゲーム会社、37Gamesが約80億円で買収し、状況が一変。
パチスロ事業から撤退し、ゲーム事業とライセンス事業に集中する方針を発表した。
16年8月には、6年ぶりの新作タイトル『THE KING OF FIGHTERS XIV』をリリース。
12月に社名をSNKに戻し、ゲーム会社として復活する考えを打ち出している。

〈ここがポイント〉

今回の決算では大幅な増収増益を記録したSNK。利益剰余金も黒字化し、いよいよ復活という感じでしょうか。
とはいえ、決算数字の中では利益率の高さが目を引くので、
親会社である37Gamesの『拳皇』(=KOF)をはじめ『餓狼伝説』『メタルスラッグ』といった
人気シリーズのIPライセンス提供が好調なのかもしれません。

買収の契機にもなった『拳皇』シリーズは、旧SNK全盛期の『KOF’97』や『KOF’98』の人気が高く、
中国を中心としたアジアで「e-Sports」の大会も盛んに行われています。
その理由は、中国の田舎のゲームセンターでは、
小規模ロケーションに適したネオジオ時代の旧作が旧SNK倒産後も長期にわたって稼働されていたため――というのが面白いところです。

 ただ、バンダイナムコエンターテインメントの『鉄拳7』にKOFの人気キャラ「ギース」がゲスト参戦したり、
ダイドードリンコの自動販売機とコラボしたりと、積極的なIP活用が目立つ一方、
ライセンスを受けた中国企業のゲーム運営体制が問題になったりもしているので、今後はそうした運用が課題になるかもしれません。

 とはいえ、買収後は6年ぶりにリリースした『THE KING OF FIGHTERS XIV』の開発時に旧SNKの開発者を呼び戻すなど、
開発体制を強化しているようです。旧SNK全盛期を体験した筆者としては、ゲーム事業でも本格的な古豪復活を果たしてほしいところです。

関連ソース画像
no title

no title


ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/14/news097.html

続きを読む

【悲報】 Win10をアップデートしたら、右下タスクバーに「People」って出る 

270-01_480x


1: 名無しさん@趣味人 2017/11/16(木) 10:45:01.85 ID:VmTkUebh0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典

何だこりゃ


続きを読む

【IT】往年の「MS-DOS」互換OS「PC-MOS/386」のコードがオープンソース化

01-protected-mode


1: 名無しさん@趣味人 2017/11/15(水) 19:02:11.01 ID:CAP_USER
往年の「MS-DOS」互換OS「PC-MOS/386」のコードがオープンソース化 - builder by ZDNet Japan
https://builder.japan.zdnet.com/tool/35109615/
Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部
2017-10-31 10:01:00

 DOS上で稼働していたワープロソフト「WordPerfect 5.1」や表計算ソフト「Lotus 1-2-3 Release 4」、シューティングゲーム「DOOM」を動かしてみたいという人はまだいるだろうか?そういった人たちに向け、1980年代のPCの環境を再現する新しい方法が登場した。それは新たにオープンソース化された「PC-MOS/386 v5.01」だ。

 1987年にPCを使っていなかった人たちのために書いておくと、PC-MOSというのは、ジョージア州ノークロスのThe Software Linkという企業が開発した、マルチユーザー対応のMS-DOS互換OSだ。PC-MOSは、リアルモードや、386のプロテクトモードに対応したほとんどのアプリケーションを実行できた。筆者は当時、同OSに関するレビュー記事を執筆した覚えがあるものの、ワシントンD.C.地域向けの一般向けコンピュータ新聞Computer Digestに掲載された該当記事を見つけ出すことはできなかった。ただ、それがきちんと機能したという記憶はある。

 驚くべきことに、その当時のソースコードを記録したテープが、PC-MOS開発チームの一員であったRoeland Jansen氏によって保管されていた。そして同氏は他の知的財産保有者の許可を得て、このOSを7月にリリースした。このようにしてPC-MOSは息を吹き返したのだった。

 オープンソース化されたバージョンは、商用バージョンとして最後にリリースされたものだ。これにはx386のアセンブラと、C言語によるソースコード、実行可能ファイル、ブート可能な3.5インチフロッピーディスクイメージが含まれている。また、CD-ROMのドライバも同梱されている。ただし、オープンソース化されているのはPC-MOS/386/The Software Link inc/CDROMディレクトリ配下のコードに限られている。

 このOSを実行させるお勧めの方法は、UNIX/Linuxのddコマンドを使ってフロッピーディスクイメージからブート可能なイメージを生成することだ。これで、「VMWare Workstation」や「Oracle VM VirtualBox」から起動できるようになる。80年代に製造されたPCの完動品を持っているのであれば、3.5インチフロッピーディスク装置からの起動ももちろん可能だ。

 公開中のコードは、オープンソースライセンスであるGNU General Public License(GPL)バージョン3の下で利用可能だ。同コードには「PC-MOS v5.01. patch level 6」をビルドするうえで必要なすべてのソースが含まれている。

 このコードをコンパイルし、リンクするには、1992年にリリースされた「Borland C++ 3.1」コンパイラが必要となるが、その他のコンパイラでもビルドできる可能性はある。Borland C++ 3.1コンパイラがパブリックドメインとして公開されたかどうかは定かでないものの、この古典的なコンパイラは比較的容易に入手できる。

 このため、MS-DOSによる古き良き時代のコンピューティングやプログラミングを思い起こしてみたいという人は、試してみてもよいかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

続きを読む

【鯖落ち】サイバー攻撃対策ガイドブック、東京都が配布

01_s (1)


1: 名無しさん@趣味人 2017/11/16(木) 08:14:05.89 ID:CAP_USER9
 東京都は、サイバー攻撃発生時の対策をまとめたガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」(B6・200ページ)を都内中小企業へ20万部を無償で提供する。東京中小企業サイバーセキュリティ支援ネットワーク(Tcyss)が同冊子の作成に協力している。

 ガイドブックはマンガ/イラスト形式で、中小企業がサイバー攻撃について行うべき対策や、事故が発生した場合の初期対応などを、主人公の「サイバー探偵 冴羽守(さいばまもる)」が伝える内容になっている。具体的な被害実例を紹介し、専門用語を避けるなど初心者でも分かりやすい工夫が施されているという。
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1091205.html

続きを読む

【IT】iPhone Xの画面上部の「切り欠き」を隠せる有料アプリ登場 単に壁紙の上部を黒い帯にするだけ 

no title


1: 名無しさん@趣味人 2017/11/16(木) 10:53:34.15 ID:CAP_USER9
話題の次世代スマホ「iPhone X」の画面上部の切り欠きを隠せる!?アプリ「Notch Remover」がApp Storeに登場も、壁紙を編集するだけ。どうしても気になるならアリ?

 話題の次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」(Apple製)の魅力は“ほぼ全画面デザイン”もそのひとつですが、その代わりに画面上部中央にフロントカメラやFace ID用のセンサーなどを搭載する「切り欠き(ノッチ)」が存在します。

 うまくアプリの画面上部などを黒くするなどすれば比較的一体感があって気にならないものの、そういった対応がされていない場合には目立って特に使いはじめは気になるという人も多いようです。

 そんな切り欠き部分を無理矢理黒い帯を常時表示させることでわかりにくく隠すアプリ「Notch Remover」がアプリ配信マーケット「App Store」に登場しました。
 価格は有料の買い切りで120円で販売。

 記事執筆時点では11件の評価(レビュー)で星3.8つなのでそれなりに高いのですが、単に壁紙の上部を黒い帯にするだけのアプリなので、一部海外メディアではどうしても必要かどうか考えてから購入するよう注意を促しています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

エスマックス 2017年11月16日 6時15分
http://news.livedoor.com/article/detail/13897077/

続きを読む














メッセージ




















セブンネット もしも