PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


News

PS5は早くて2021年以降か。PS4の寿命を伸ばす可能性が浮上

1: 名無しさん@趣味人 2018/05/25(金) 17:09:54.34 ID:mPGq19QB0 BE:323057825-PLT(12000)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)社長兼CEOの小寺剛氏は、都内で開催された「Sony IR Day 2018」での講演およびインタビューにて、
発売から5年が経過したPlayStation 4(PS4)が「ライフサイクルの終盤に来ている」との認識を明らかにしました。

小寺氏に対しては取材陣から次世代機、いわゆるPS5(仮)についての質問が集中。「現時点で話すことはない」としながらも、
「今回の中期(21年3月まで)は、一旦かがんでより高く飛ぶための準備期間というふうに考えている」として、PS5のあり方そのものを検討中であることを語っています。

中略

とはいえ、「次のステップ」がハードウェアを意味しているとは限りません。
ソニーの資料では、2018年時点でPlayStation NetworkのMAU(月間アクティブユーザー)が8000万以上、
PlayStation Plusの加入者数が3420万人にも上るとして、PS4の普及台数(7900万台)以上に、ネットワーク事業の成長を強調。

すでにハードを所有している人向けに、安定した収入が見込めるサブスクリプションサービスの強化を図るという路線もありえるでしょう。

さらに小寺氏は「今期中期中(21年3月まで)には次世代機は出さないということか?」という質問に対して
「答えられない。が、歴代のコンソールライフサイクルとは違った見方が必要だ。PSの未来を考える時、コンソールだけとか、ネットワークだけとか、切り離して考えるのが難しい時代だ。
次のPSのあり方を考えるのがこの3年間と思っている」と回答。

加えて「コンソールに特化して話すのは難しい」との発言もあり、このあたりは単純に新型ハードウェアを用意しているわけではない旨のニュアンスとも思われます。

もしかすると、PS4のハードウェアをしばらくアップデートせず、クラウドゲーミングサービスPlayStation Nowに注力。
このサーバー側を強化することで最新ゲームを楽しませる......という方向で延命するかもしれません。実際にPS Nowは、すでにPS4タイトルの一部が遊べるまでになっています。

PS4は既にライフサイクル終盤、PS5は早くて3年後か。SIE小寺CEOが今後の展望を語る
http://news.livedoor.com/article/detail/14765044/

続きを読む

「輸入車は壊れやすい」って本当? 日本車が「壊れなさすぎ」ともいえる

1: 名無しさん@趣味人 2018/05/25(金) 20:51:53.83 ID:Y1ebzZUo0 BE:123322212-PLT(13121)
国産車が「壊れなさすぎ」ともいえる

 輸入車に抵抗がある人の意見のひとつとして、「壊れやすいのでは?」というものがある。その反対として、日本車は壊れないというのがあるのだが、
結論からというと、日本車に比べれば壊れやすい。これは事実。まぁ、日本車が壊れなさすぎといっていいのかもしれないが。
ちなみに最近の日本車も軽量化やシステムの複雑化によって、将来的には故障が増える可能性もなくはない。

 やはり複雑化すると壊れやすいのだが、ドイツ車勢は世界の自動車テクノロジーの最先端を行くという自負が強いのか、画期的ではあるものの、
複雑ゆえに壊れるときは壊れるし、直すのもかなりの費用がかかったりする。

 ちなみに以前言われたような、日本は高温多湿だから輸入車は壊れやすいというのは今はない。配線のコネクターなどを見ても、しっかりと対策は
されているし、グローバル化が進み、国によって形状に差があるというのもなくなった。

 ただ、ATがほとんど売れないヨーロッパメーカーはATを作るのが不得意なところもあるのは事実。たとえば、某国某社の2ペダルMTは早いと
3万kmぐらいからガタガタしてくる。

 あとはやはり生産技術も含めた、品質の問題。ラテン車系はどうしても品質にばらつきがあるし、そもそも設計からして抜けているところが見受けられたりもする。
また各パーツのクオリティも日本製ほどはないことが多い。パーツの集合体がクルマだけに、そうなるとどこかしら弱い部分が出てきてしまう。

 これまたよく言われるし、雑誌などにも書いてあったりするが、日本メーカーのパーツを輸入車も使っているから品質が上がったというのは半分正解。
設計自体は日本でしても、生産が現地だと日本製ほどの品質にならないというのは確かで、タカタの問題がいい例だろう。

 日本車と比べること自体がかわいそうな気もするが、故障する可能性が高いにしても、その分、それぞれのお国柄や個性などが楽しめるのが輸入車の醍醐味。
一時のイタリア車みたいにボロボロ壊れることはないので、シビアに考える必要はないし、その分、日本車にはない魅力が楽しめるのは事実だ。
https://mainichi.jp/articles/20180525/ctp/00m/020/003000c

続きを読む

F1モナコGP  フリー走行でホンダが3強に次ぐ位置きたーーー!!

1: 名無しさん@趣味人 2018/05/26(土) 20:32:39.74 ID:Ap2KQfIH0 BE:232392284-PLT(12000)
 2018年F1第6戦モナコGPのフリー走行3回目が5月26日(土)の現地時間12時から開催された。天気は晴れ、気温23度、路面温度40度、ドライコンディションのなかセッションは行われた。


 開始5分、キミ・ライコネンがハイパーソフトタイヤでタイムを記録、1分13秒729をマークする。その直後、セバスチャン・ベッテルがタイムを
更新するとメルセデス勢もタイムアタックを開始、各車インスターレーションラップを設けず次々にタイムを記録していく。


 セッション開始20分過ぎ、好調のレッドブル勢によるタイムの出し合いが始まる。マックス・フェルスタッペンが1分11秒787でトップに立ち、
ダニエル・リカルドが2番手につけ、レッドブルが1-2体制を築いた。以下、ベッテル、ルイス・ハミルトン、ライコネンと続く。


 セッション残り7分。トップタイムを記録していたフェルスタッペンがプールサイドシケイン立ち上がりでクラッシュ。
セッションは赤旗中断となる。フェルスタッペンのマシンは左側が大破してしまった。


 残り時間4分を残しセッションは再開、リカルドがフェルスタッペンのタイムを1000分の1秒差で上回り、フリー走行トップとなった。2
番手にはクラッシュを喫したフェルスタッペン、3番手にはベッテルがつけている。


 なお、トロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレーが7番手、ピエール・ガスリーが8番手につけ、トップ3チームに次ぐタイムを記録した。

https://news.biglobe.ne.jp/sports/0526/ats_180526_0774759561.html

続きを読む

ドライブデートとか田舎モンかよ

1: 名無しさん@趣味人 2018/05/25(金) 21:21:44.33 ID:daFWkzx30 BE:658823198-BRZ(11101)
初デートがドライブってどうなの?メリットやデメリットなどの注意点

https://mdpr.jp/column/detail/1766662

続きを読む

ミニ NINTENDO64に収録して欲しいタイトル

1: 名無しさん@趣味人 2018/05/25(金) 19:06:15.48 ID:Dlu+qLOS0 BE:695656978-PLT(12000)
任天堂が『ミニ NINTENDO64』の発売を計画中? 「N64」を商標登録
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20180524-00085604/

任天堂から『ミニ NINTENDO64』が発売されるかもしれません。4月26日に任天堂が「N64」の商標を出願し、
5月22日に登録・公開されていることが分かりました。

「N64」とは、普通に考えると任天堂が1996年に発売した家庭用ゲーム機『NINTENDO64』のことです。
任天堂は2017年7月に、欧州連合知的財産庁(EUIPO)に対して『NINTENDO64』のコントローラーの
図形商標を出願・登録していることが分かっています。

今回の「N64」の商標登録、『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』と『ニンテンドークラシック
ミニ スーパーファミコン』の発売などをあわせて考えると、『ミニ NINTENDO64』登場の可能性は高くなって
きたのではないでしょうか。

来月の6月13日には世界最大のコンピューターゲーム見本市「Electronic Entertainment Expo(E3)」が
開催されるため、ここで『ミニ NINTENDO64』について発表があるのではないかと今から期待です。

続きを読む












メッセージ