PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


アプリ

【IT】世界的人気を誇った音楽プレーヤー「Winamp」がクラウド再生やストリーミング対応して2019年に復活予定

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/16(火) 16:54:26.13 ID:CAP_USER
https://i.gzn.jp/img/2018/10/16/winamp-6-2019/00_m.jpg
1997年に登場して世界的に多くのユーザーに利用されていた音楽プレーヤーソフト「Winamp」が約16年ぶりに大型アップデートを受けて第一線に戻ってくることになりました。「バージョン6」となるアップデートによりWinampはクラウド対応を果たし、さらにはポッドキャストやストリーミングサービスまでをも統合する音楽プレーヤーになるとのことです。

Winampはイタリア人プログラマーのビナッチ・ジャンルーカ氏が1997年に発表したWindows向けのメディアプレーヤーで、1998年頃に爆発的ヒットして世界中で使われるようになりました。1999年にはAOLによって開発元のNullsoftが買収されましたが、その後はAOLを含めた迷走が続き、2013年には公式サイトが閉鎖されていました。

2014年にはオンラインラジオ局向けプラットフォームを提供する「Radionomy」に買収されたあとも2016年に株式の半分以上が買い占められるなど、数奇の運命をたどってきました。

定評のあったバージョン2をベースに開発された「バージョン5」が2003年に登場し、それ以降はマイナーアップデートが細々と続けられていたWinampでしたが、RadionomyのCEOであるAlexandre Saboundjian氏はWinampに大型アップデートを施した「バージョン6」を2019年にリリースすることを発表しました。

バージョン6では、PC/Mac版に加えてスマートフォン向けのアプリがリリースされ、あらゆるメディアを再生できるアプリに姿を変える模様。Saboundjian氏はTechCrunchのインタビューで「来年、全く新しいエクスペリエンスがもたらされるでしょう」「自宅においてあるMP3のほか、クラウド、ポッドキャスト、ストリーミングラジオ局、自分で作ったプレイリストなどさまざまな音楽をWinampで聴くことが可能になります」と語っています。

特に重要と思われるのが、「人々は1カ所ですべてが体験できることを望んでいます。Winampはそれをかなえる完全なプレーヤーになるでしょう」という発言。これまでは、スマートフォンの音楽プレーヤーに加えてストリーミングサービスやポッドキャストなどのアプリがスマートフォンにいくつもインストールされて使い分けてきましたが、Saboundjian氏の発言からは、その煩わしさを解消するワンストップ型のアプリ/サービスになるものとみられます。

発表の時点でSaboundjian氏からはこれ以上の詳細は明らかにされていません。Winampの公式サイトでは、今後の情報を入手できるようにメールアドレスを登録できるようになっています。
https://gigazine.net/news/20181016-winamp-6-2019/

Winamp ― It really whips the llama's ass!
http://www.winamp.com/

続きを読む

【アプリ】Photoshop CC iPad版が2019年に登場 デスクトップ版をそのまま継承

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/16(火) 16:52:50.84 ID:CAP_USER
クリエイター向けのイベント、Adobe MAXが今年も10月15日に米国ロサンゼルスで開幕。Lightroom CCファミリー、Photoshop CCなどのアップデートが予告された。

例年、Adobe製品の今後を占う技術やアップデートが公開される場として知られるAdobe MAX。今年開催されたAdobe MAX 2018でも、写真関連アプリについていくつかのトピックが披露された。

いずれも今後のCreative Cloudで実装される。

PhotoShop CC iPad版
最も大きなトピックは、2019年に登場するPhotoshop CC iPad版のアナウンスだ。それでいてデスクトップ版Photoshopの機能をそのまま継承するのが特徴。タッチおよびペン入力のために、いちから作り直したという。デスクトップ版Photoshop CCとは、PSDファイルを介したやりとりも可能になる。

iPadで本格的にデスクトップでの編集の続きができるようになるため、クリエイターにとっては期待大のアプリだ。
no title


https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1148087.html

続きを読む

【IT】日本でアプリ利用に積極的なのは女性 独企業など調査結果

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/11(木) 17:12:19.22 ID:CAP_USER
2018年10月11日 16:59 日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO36369100R11C18A0000000

日本では女性が男性よりアプリのインストールや課金に積極的――。国内のスマートフォン(スマホ)などのアプリ使用動向についてのこんな調査結果を、独ベンチャー企業のアジャスト(ベルリン市)などが10日発表した。日本のアプリ市場はインストールまでにかかる事業者側のコストが他国より高いが、課金に踏み込むユーザーの割合は高いという。

性別による分析では、国内のアプリのインストールは67%が女性によるもので、男性の2倍だという。サービスへの登録に至る割合は男性が61.9%に対し女性が75.5%で、アプリ内で課金する割合は男性2.5%、女性3.4%とそれぞれ女性が13.6ポイント、0.9ポイント高かった。

その結果、ユーザー獲得にかかる広告などの費用は登録までに39%、アプリ内課金までに56%男性の方が女性より高いという。調査ではゲームなどのアプリ開発で女性をターゲットにしたものが増えている要因にこうした背景があると分析している。

端末の基本ソフト(OS)別の分析では、米アップルの「iOS」とグーグルの「アンドロイド」の利用者のアプリ使用動向を比較した。iOSユーザーの方がアプリ内課金やサブスクリプション(定額購入)に導きやすい一方で、アンドロイドユーザーはダウンロードしたアプリを開く回数や利用時間が長い傾向がある。インストールから課金を促すまでの広告コストはiOSが15%低く、定額サービスではアンドロイドの半分以下だという。

アプリをインストールしてもらうまでのコストは日本は5ドル50セント(約620円)で世界平均の2倍。使う価値を感じないアプリの使用はすぐにやめる傾向があるという。一方で利用が定着したアプリでは課金に至る割合や継続率が他国より高いのが特徴。同調査では「日本のユーザーはアプリを選ぶ目が肥えているが、収益化の可能性も高い」と分析している。

アジャストはスマホアプリの使用動向や広告の効果を分析するツールを提供する独ベンチャー企業。調査では同社とスマホアプリ向けマーケティングサービスを提供する米リフトオフモバイル(カリフォルニア州パロアルト市)が、両社の顧客から2017年8月から1年間取得したデータを分析した。

続きを読む

【アプリ】Apple App Store、Q3売上がGoogle Playを93%上回る

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/12(金) 11:11:11.42 ID:CAP_USER
AppleのApp StoreとGoogle Playの売上はこれまでも常に開きがあった。しかし2018年第3四半期、それが大きく広がった――おそらくこれまでで最大だ。Sensor Towerの最新レポートによると、同四半期にApple StoreはGoogle Playより93%多い売上を記録した。これは少なくとも2014年以降では最大の差だ(Sensor TowerがGoogle Playのデータを追跡し始めたのが2014年だった)。

同社によると、2018年Q3に生み出されたモバイルアプリ売上182億ドルのうち、約66%がAppleのApp Storeによるものだった。同社の四半期売上は120億ドルで前年同期の97億ドルから23.3%増えた。

一方同四半期のGoogle Playの売上は62億ドルで、一年前の51億ドルから21.5%伸ばした。
no title


Sensor Towerの両ストアを合わせたトップセールスアプリのランキングを見ると、依然として定期購読が売上増に貢献している。Netflixは非ゲームアプリのトップセールスを3期連続で達成し、両プラットフォーム合わせて推定2.437億ドルを稼いだ。TinderとTencent Videoがそれぞれ2位と3位を守った。

モバイルゲームの利用も売上成長を後押ししており、同四半期の売上は前年比14.9%の138億ドルだった。これは同期の両プラットフォーム全アプリ売上の76%を占め、85億ドルがApp Storeから53億ドルがGoogle Playによる。
2018年10月12日
https://jp.techcrunch.com/2018/10/12/2018-10-11-app-store-generated-93-more-revenue-than-google-play-in-q3/

続きを読む

【企業】ソフトバンクと中国・配車大手がタッグ 大阪でサービス開始、タクシー千台対応

1: 名無しさん@趣味人 2018/09/27(木) 13:49:38.37 ID:CAP_USER
 ソフトバンクと中国の配車サービス大手「滴滴出行(ディディチューシン)」が折半出資する合弁会社「DiDiモビリティジャパン」(東京都港区)は27日午前、大阪市内で会見し、全国に先駆け、大阪府内でタクシー配車サービスを開始したと発表した。中国を中心に世界で約5億5千万人が利用する滴滴のノウハウを、まずは訪日外国人が多い大阪で生かす。

 タクシー大手の第一交通産業など12社にシステムを提供。対応車両は計約千台。客はスマートフォンのアプリから目的地などを入力し、近くを走る各社のタクシーを呼ぶ。

 当面は訪日中国人を主なターゲットとするが、日本人向けアプリ配信も開始しており、新たな顧客開拓も進める。ソフトバンクの宮内謙社長は会見で「大阪でサービスをスタートできた。とてもうれしく思う」と話した。

 訪日客の多い大阪は無許可でタクシー営業する白タク行為が問題となっているが、DiDi側は新サービスが状況の改善につながると見通している。今後、京都や東京、福岡などでも展開する計画。
2018.9.27 12:46
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180927/bsj1809271246002-n1.htm

続きを読む













 
 
 
 
 
 


 


メッセージ