PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


サムスン

【スマホ】iPhone Xは同じSamsung製の有機ELディスプレイを搭載するGalaxyシリーズよりも焼き付きが起きにくいことが判明

1: 名無しさん@趣味人 2018/01/07(日) 13:45:11.40 ID:CAP_USER
ディスプレイはOLED(有機ELディスプレイ)・液晶・プラズマなどの種類に限らず、長時間点灯し続けることで「焼き付き」を起こすことがあります。これはAppleの最新端末である「iPhone X」でも同様に起きうる現象なのですが、極端なストレステストを実施した結果、他の有機ELディスプレイ搭載端末よりも焼き付きが起こりにくいことが明らかになりました。

iPhone Xの有機ELディスプレイはSamsungが独占供給しており、「SamsungはiPhone X用にディスプレイを売る方がGalaxy S8の部品製造よりも儲かる」という報道まで飛び出しています。そんなSamsung製の有機ELディスプレイを搭載しているiPhone X・Galaxy Note8・Galaxy S7 edgeという3つのスマートフォンで、510時間以上にわたってディスプレイを点灯し続けるというテストを、韓国メディアのCetizenが行いました。テストでは3つの端末で同じ画像を表示し、ディスプレイの輝度をマックスにして放置しています。

テストではディスプレイを表示し続けて約17時間でiPhone Xに焼き付きが起き始めたとのこと。しかし、ほとんど目立たないものであり、「日常的な使用では見られないもの」とCetizenは記しています。一方、Galaxy Note8はディスプレイ点灯から62時間で突如顕著な焼き付きが起き始めるそうです。テストを行ったCetizenは、白いのイメージを表示して画面の焼き付きが目立つか試したところ、iPhone Xでは焼き付きが見えないレベルなのに対して、Galaxy Note8ではハッキリと焼き付きを確認できたとのこと。

さらにテストが続き、最終的には510時間、時間にして21日間以上にわたってディスプレイを表示し続けています。

510時間以上にもおよぶテスト後の結果がこれ。上からGalaxy S7 edge・iPhone X・Galaxy Note8の順番で並んでいます。
no title


510時間のテスト後にディスプレイを確認すると、最も焼き付きがひどいのがGalaxy Note8で、次点でGalaxy S7 edge、iPhone Xに至ってはうっすらと縦線が入っている程度になっています。ただし、3つの端末全てで永久的に残りそうな焼き付きの跡が残っていることもわかります。
no title


AppleはiPhone Xの有機ELディスプレイ(Super Retina ディスプレイ)で「残像」や「焼き付き」などの現象が低減されるように開発を進めたことを以下のサポートページで明らかにしており、テストではこの成果が如実に出ているとAppleInsiderは記しています。

Appleはディスプレイで焼き付きが起きるのを防ぐために、ユーザーに高コントラストの画像を長時間連続して表示することを避けるようにアドバイスしています。

なお、iPhone Xの発売が遅れた原因のひとつに、Samsungが供給する有機ELディスプレイの「予想を下回る」品質があったといわれており、実際、iPhone Xは画面上に「謎の緑の縦線」が表示されてしまう初期不良に遭遇した際には、関係者から「Samsungは有機ELディスプレイが低品質であったことで、Appleに違約金を支払いました。Appleは有機ELディスプレイの品質に非常にうるさかったそうですが、Samsungは顧客(Apple)を満足させる以外の選択肢がありませんでした」という声も上がっています。このようにAppleがiPhone X向けに高品質な有機ELディスプレイを求めていたことは明らか。Appleの要求の高さが焼き付きテストの結果に反映された可能性もありそうです。
http://gigazine.net/news/20180106-iphone-x-oled-burn-in-test/

続きを読む

【半導体】サムスン電子がAMD向けに半導体生産を開始へ

1:海江田三郎 ★:2015/12/22(火) 11:31:48.97 ID:CAP_USER.net

http://jp.reuters.com/article/samsung-elec-amd-chips-idJPKBN0U504H20151222

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国のサムスン電子は来年、米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ
(AMD)(AMD.O)向けに新たな半導体の生産を開始する。韓国の電子新聞が22日、匿名筋の話として伝えた。

同紙によると、サムスン電子と米半導体メーカー、グローバルファウンドリーズは来年から合同で、
14ナノメートル技術を採用した半導体の生産を始める。
サムスン電子はここ数四半期、スマートフォン事業の業績低迷を補うため、部品事業の外部顧客の拡大に努めており、
すでにアップル(AAPL.O)やエヌビディア(NVDA.O)向けに半導体を生産している。

サムスンとAMDからのコメントは得られていない。


続きを読む

【RAM】サムスン、業界初128GBのDDR4メモリを量産開始

1:海江田三郎 ★:2015/11/30(月) 17:32:35.39 ID:CAP_USER.net

http://www.gizmodo.jp/2015/11/151129n1128gb.html

値段もすごいことになりそう。
市販のパソコンに搭載されているメモリはたいてい1枚で4GBがほとんどだと思います。
しかし、上には上がいるもの。サムスンは26日、サーバーやデータセンター向けに128GBのDDR4メモリモジュールの量産を開始したと発表しました。

このメモリは2014年からサムスンが採用しているSi貫通電極(TSV:through-silicon via)という
技術を利用しています。これは積み重ねたチップに垂直に貫通する電極を通すというもので、
高速動作と高い省電力性能が実現できます。なお、このメモリチップの製造プロセスは20nmです。

具体的な性能に目を向けると、 転送速度は2,400Mpbsと従来の64GB製品の2倍近く、
さらに消費電力は50%カットされました。しかも、サムスンは今後動作速度を2,667Mbpsや3,200Mbpsへと向上させていくと発表しています。

最近はテック企業でもデータセンターのクリーンエネルギー利用に力を入れており、フェイスブックやアマゾン、
それにアップルがクリーンなデータセンターの建設を表明しています。今回発表された大容量かつ省電力な
メモリモジュールも、そのようなデータセンターの省電力化にきっと役立つことでしょう。


続きを読む

【モバイル】18.4インチの巨大タブレット「Galaxy View」 日本に直輸入 価格は9万円台

1:海江田三郎 ★:2015/11/24(火) 09:17:12.83 ID:CAP_USER.net

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20151123_731829.html







 18.4インチの巨大タブレットがSamsungから登場、(SM-T670NZKAXAR)がJan-gle 秋葉原本店で販売中だ。
同店が直輸入した海外版製品。店頭価格は税込96,980円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

Galaxy Viewは、18.4インチの大型ディスプレイを採用したタブレット型端末。解像度は1,920×1,080ドット。
同社製オクタコアプロセッサのExynos 7580(1.6GHz)や、Android 5.1、2GBメモリ、32GBストレージを搭載する。

 小型タブレットにはない大画面で、テレビや映像を楽しむことができる。無線機能やバッテリーが内蔵されているので、
配線を気にせずに使えるのもメリットだ。
 また、持ち運ぶのに十分な軽さも実現したという。重量は2.65kgで、タブレットとしてはかなり重いが、
運ぶ際に指を引っ掛けるハンドルを裏面に設けるなど、可搬性を意識したデザインがなされている。
 付属のスタンドでは縦置きと横置き(水平に近い角度)の二通りでの設置が可能。大画面とあって、
縦置き時は据え置きのディスプレイのようなルックスになる。
 本体サイズは451.8×275.8×11.9mm。バッテリー容量は5,700mAh/11.3V(64Wh)で、動作時間は動画再生・インターネット使用時で8時間。

 主な搭載機能・インターフェイスは無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1、Micro USB、microSDカードスロット(最大128GB)、
フロントカメラ(2.1メガピクセル)、ステレオスピーカー(4W×2)、GPS、光センサー、充電用DC端子(対応充電器が付属)。


続きを読む

サムスンの最新ファブレット「GALAXY Note 4」がアキバに!

文● 鈴鹿 廻

 手書き入力に対応したサムスン電子の元祖“ファブレット”最新版「GALAXY Note 4」がアキバ店頭に登場。イオシス アキバ中央通店にて販売がはじまっている。


GALAXY Notebb01_240x
GALAXY Notebb02_240x
進化した最新版「GALAXY Note」が早くも店頭に登場。入荷したのはホワイトモデルのみで、在庫はごく少量だ

 大画面による手書き入力の快適さを追求した、「GALAXY Note」シリーズ最新モデルの海外版。画面サイズこそ「GALAXY Note 3」と同じ5.7型ながら、解像度を2560×1440ドットへと高精細化した有機ELディスプレー「Premium Screen」(Quad HD Super AMOLED Display)を搭載。画面分割機能やアプリのポップアップ表示など、大画面ならではの機能も備えている。
続きを読む










メッセージ