PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


サムスン

【スマホ】Samsungの折りたたみ可能な次世代スマホ「Galaxy X」は20万円超えか

1: 名無しさん@趣味人 2018/06/17(日) 03:11:30.37 ID:CAP_USER
Samsungが2018年末から2019年初の間で発表すると考えられている、折りたたみ可能なスマートフォン「Galaxy X」は、200万ウォン(約20万3,500円)もの高額モデルとなる可能性があります。

20万超えのスマートフォンは歓迎される?
Samsungが現在、フラッグシップモデルとしてリリースしているモデルは、年前半に登場するGalaxy Sシリーズと、年後半のGalaxy Noteシリーズの2種類です。

このラインナップへ新たに追加されようとしているのが、折りたたみ可能なスマートフォン「Galaxy X」です。

ただし、Samsungが開発している次世代AMOLEDをいち早く搭載した次世代スマートフォンとして注目が集まっているものの、投資企業Golden Bridge Investmentのアナリストであるキム・ジャンヨル氏によると、同モデルは価格が200万ウォン(約20万3,500円)ほどになるそうです。

iPhone Xの256GBが129,800円と判明した時も「高すぎではないか」として大きな話題を呼びましたが、20万超えとあっては、さすがに手を出せない消費者が続出しそうです。

広げた状態で7.3インチ
キム・ジャンヨル氏は、Galaxy Xがディスプレイを広げた状態で7.3インチ、折りたたんだ状態で4.5インチほどになると述べており、ディスプレイには「人工筋(artificial muscle)」という独自技術を搭載するとみています。

また、Shinhan Financialのアナリストであるパーク・ヒョヌ氏も「2枚の内部パネルと1枚の外部パネルからなり、内部パネルは折りたたんでいない状態で7.3インチになる」とし、ジャンヨル氏の見方を裏付けています。

ヒョヌ氏によると、2018年11月にはサプライヤーが部品の供給をSamsungに対して行い、2019年1月には国際的な家電見本市のCESでプロトタイプの披露が予定されているそうです。

Appleは今秋に発売を予定している次世代iPhoneのうち、LCDモデルを廉価版と位置づけて攻勢に出ると考えられていますが、Samsungは20万円超えのプレミアムモデルで太刀打ちできるのでしょうか。
2018年6月16日 19時36分
https://iphone-mania.jp/news-215855/

続きを読む

Samsung、Galaxy S9とiPhone6を比べてAppleを嗤う動画公開。M字ヘアも

1: 名無しさん@趣味人 2018/05/20(日) 15:09:17.41 ID:Vsz8C+VS0 BE:416336462-PLT(12000)
韓国のサムスンが、Appleが古いバッテリーのiPhoneの速度をわざと低下させていたことを笑うCMを発表した。
1分の動画では、iPhone6の持ち主がその不具合に苦しむ一方で、GalaxyS9は良く見せられている。
特にiPhoneの脆弱なバッテリー、防水性の欠如、遅い機能が笑われている。
また、道端で主役の女性とすれ違う男性と子供は、iPhoneXのノッチの形をした前髪をしており、明らかな嘲笑となっている。
うんざりした女性がアップルストアに向うと店員は、パフォーマンス管理機能をオフにすれば速度は上がるが、突然シャットダウンする可能性があると警告する。
それ以外の措置として、新モデル購入を提案する。最終的に、女性が新型iPhoneの代わりにGalaxyS9を選んでCMが終わる。
サムスンは一方、バッテリー交換プログラムに言及せず、iPhone6のバッテリー交換が米国では29ドル(3000円強)で、Galaxyのどのモデルよりも安いことを伝えていない。

https://jp.sputniknews.com/science/201805204895272/
https://youtu.be/3qhW1sDPHYI


続きを読む

【IT】最大4万3800時間の録画に耐える高耐久microSDカード「Samsung PRO Endurance」

1: 名無しさん@趣味人 2018/05/01(火) 15:46:12.98 ID:CAP_USER
no title

日本サムスン株式会社は5月1日、監視カメラやドライブレコーダーなど、常時稼働用途向けのmicroSDカード「Samsung PRO Endurance」を発売した。ITGマーケティング株式会社が同日より販売を開始している。

 価格はオープンプライスだが、Amazon.co.jpでの販売価格(税込)は128GBモデルの「MB-MJ128GA/EC」が1万3480円、64GBモデルの「MB-MJ64GA/EC」が6680円、32GBモデルの「MB-MJ32GA/EC」が3280円。

 スピードクラス10およびUHSスピードクラス1に準拠しており、最大転送速度は、読み取り時が100MB/s、書き込み時が30MB/s。

 磁気、X線に対する耐性と、IEC 60529およびIPX7準拠の防水性能を持ち、動作時環境温度は-25度~85度まで対応。1920×1080ピクセル 26Mbps動画記録時の耐久性は、MB-MJ128GA/ECが4万3800時間、MB-MJ64GA/ECが2万6280時間、MB-MJ32GA/ECが1万7520時間。

 本体の大きさは約15×11×1mm(幅×奥行×厚さ)、重さは約0.5g。
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1119926.html

続きを読む

【スマホ】iPhone Xは同じSamsung製の有機ELディスプレイを搭載するGalaxyシリーズよりも焼き付きが起きにくいことが判明

1: 名無しさん@趣味人 2018/01/07(日) 13:45:11.40 ID:CAP_USER
ディスプレイはOLED(有機ELディスプレイ)・液晶・プラズマなどの種類に限らず、長時間点灯し続けることで「焼き付き」を起こすことがあります。これはAppleの最新端末である「iPhone X」でも同様に起きうる現象なのですが、極端なストレステストを実施した結果、他の有機ELディスプレイ搭載端末よりも焼き付きが起こりにくいことが明らかになりました。

iPhone Xの有機ELディスプレイはSamsungが独占供給しており、「SamsungはiPhone X用にディスプレイを売る方がGalaxy S8の部品製造よりも儲かる」という報道まで飛び出しています。そんなSamsung製の有機ELディスプレイを搭載しているiPhone X・Galaxy Note8・Galaxy S7 edgeという3つのスマートフォンで、510時間以上にわたってディスプレイを点灯し続けるというテストを、韓国メディアのCetizenが行いました。テストでは3つの端末で同じ画像を表示し、ディスプレイの輝度をマックスにして放置しています。

テストではディスプレイを表示し続けて約17時間でiPhone Xに焼き付きが起き始めたとのこと。しかし、ほとんど目立たないものであり、「日常的な使用では見られないもの」とCetizenは記しています。一方、Galaxy Note8はディスプレイ点灯から62時間で突如顕著な焼き付きが起き始めるそうです。テストを行ったCetizenは、白いのイメージを表示して画面の焼き付きが目立つか試したところ、iPhone Xでは焼き付きが見えないレベルなのに対して、Galaxy Note8ではハッキリと焼き付きを確認できたとのこと。

さらにテストが続き、最終的には510時間、時間にして21日間以上にわたってディスプレイを表示し続けています。

510時間以上にもおよぶテスト後の結果がこれ。上からGalaxy S7 edge・iPhone X・Galaxy Note8の順番で並んでいます。
no title


510時間のテスト後にディスプレイを確認すると、最も焼き付きがひどいのがGalaxy Note8で、次点でGalaxy S7 edge、iPhone Xに至ってはうっすらと縦線が入っている程度になっています。ただし、3つの端末全てで永久的に残りそうな焼き付きの跡が残っていることもわかります。
no title


AppleはiPhone Xの有機ELディスプレイ(Super Retina ディスプレイ)で「残像」や「焼き付き」などの現象が低減されるように開発を進めたことを以下のサポートページで明らかにしており、テストではこの成果が如実に出ているとAppleInsiderは記しています。

Appleはディスプレイで焼き付きが起きるのを防ぐために、ユーザーに高コントラストの画像を長時間連続して表示することを避けるようにアドバイスしています。

なお、iPhone Xの発売が遅れた原因のひとつに、Samsungが供給する有機ELディスプレイの「予想を下回る」品質があったといわれており、実際、iPhone Xは画面上に「謎の緑の縦線」が表示されてしまう初期不良に遭遇した際には、関係者から「Samsungは有機ELディスプレイが低品質であったことで、Appleに違約金を支払いました。Appleは有機ELディスプレイの品質に非常にうるさかったそうですが、Samsungは顧客(Apple)を満足させる以外の選択肢がありませんでした」という声も上がっています。このようにAppleがiPhone X向けに高品質な有機ELディスプレイを求めていたことは明らか。Appleの要求の高さが焼き付きテストの結果に反映された可能性もありそうです。
http://gigazine.net/news/20180106-iphone-x-oled-burn-in-test/

続きを読む

【半導体】サムスン電子がAMD向けに半導体生産を開始へ

1:海江田三郎 ★:2015/12/22(火) 11:31:48.97 ID:CAP_USER.net

http://jp.reuters.com/article/samsung-elec-amd-chips-idJPKBN0U504H20151222

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国のサムスン電子は来年、米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ
(AMD)(AMD.O)向けに新たな半導体の生産を開始する。韓国の電子新聞が22日、匿名筋の話として伝えた。

同紙によると、サムスン電子と米半導体メーカー、グローバルファウンドリーズは来年から合同で、
14ナノメートル技術を採用した半導体の生産を始める。
サムスン電子はここ数四半期、スマートフォン事業の業績低迷を補うため、部品事業の外部顧客の拡大に努めており、
すでにアップル(AAPL.O)やエヌビディア(NVDA.O)向けに半導体を生産している。

サムスンとAMDからのコメントは得られていない。


続きを読む















メッセージ