PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


サービス

Google Chrome、開いた途端音が鳴り出す糞サイトに対応

1: 名無しさん@趣味人 2018/04/18(水) 21:26:18.84 ID:zgV/sY0k0 BE:416336462-PLT(12000)
Google Chromeのユーザーに良いニュース。全世界で人気最高のこのブラウザーの最新のアップデートでは、音声の自動再生を無効にできる。
サイトを開くと広告のビデオが勝手に再生されて、音がガンガン鳴る、なんてことは、ユーザーがそれを有効にしないかぎり、今後はない。
迷惑なだけでなく、自動再生ビデオはデータを大食いし、Webの閲覧そのものを遅くする。
モバイルデバイスでは、たいへん困ることだ(データ契約でインターネットに接続してる場合)。
このアップデートは、数日後にユーザーに行き渡る。この機能の開発は昨年から行われていた。機能には、例外が少々ある。
まず、自動再生は、サイト自体が音を含んでいないときだけ許される。あるいはユーザーが、そのメディアに関心があるときには音があっても許される。
過去にそのサイトに頻繁に訪れているときは、関心があると判断される。
そのサイトのページの上でタップやクリックを頻繁にやったり、モバイルではそのサイトをホーム画面に載せているときも、関心あり、と判断される。
Chromeのこの最新バージョンを最初に見つけたVentureBeatによると、YouTubeはあまりにもビデオの数が多いので、関心ありを単純には判断できないそうだ。
しかしそれでも、今度のChromeはコントロールの粒度が細かくなり、特定のWebサイトだけビデオの自動再生を恒久的にブロックすることもできる。
だからYouTubeでもどこでも、オーディオの勝手な自動再生をやらせないことができるのだ。

https://jp.techcrunch.com/2018/04/18/2018-04-18-google-chrome-now-mutes-annoying-videos-that-autoplay-with-sound/

続きを読む

【通信】au、新メールドメイン「au.com」5月15日から

1: 名無しさん@趣味人 2018/04/18(水) 17:43:49.58 ID:CAP_USER
no title

KDDIは4月18日、新規ユーザーに提供するメールアドレスの新ドメイン「au.com」を、5月15日から提供すると発表した。新ドメインのメールアドレスは、au IDとしても使えるという。

15日午前9時以降、auでメールアドレスを取得するユーザーまたはメールアドレスを変更するユーザーは、メールアドレスが「(任意の文字列)@au.com」になる。

 従来のメールドメイン「ezweb.ne.jp」を使っているユーザーは、引き続き利用できる他、ドメインだけを「au.com」に変更できる。新ドメインに変更しても、旧ドメインのメールアドレスに送信されたメールは、件名に「[ezweb-tensou]」が付与されて引き続き受け取れるという。

 現在、ユーザーが従来のドメイン「ezweb.ne.jp」で使っているローカルパート(@よりも前の部分)は無期限で保管され、第三者がau.comドメインで取得することはできないという。

 法人向けに提供しているビジネスメールアドレスも、新メールドメイン「biz.au.com」を提供する。同社は2017年8月にメールドメイン変更を予告していた。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/18/news092.html

続きを読む

【衝撃】ドワンゴ・ニコニコ運営が発言 / 違反者に罰「不快放送がニコニコらしさという風潮改めたい」

1: 名無しさん@趣味人 2018/04/18(水) 18:48:37.37 ID:EMOZHJku0● BE:472367308-PLT(16000)
世界最大級のメッセージ投稿型動画共有サービス「ニコニコ動画」(ニコニコ生放送)。運営母体は株式会社ドワンゴで、日本のみならず海外でも絶大な支持を得ている。

そんなニコニコサービスの運営責任者である栗田穣崇(くりたしげたか)氏が、「人を不快にさせる放送がニコニコらしさだという風潮は改めたい」と発言。ニコニコサービス利用者の間で波紋を呼んでいる。

(中略)

・栗田穣崇氏のTwitter発言
「配信者のBAN基準がユーザー生放送とチャンネル生放送で不平等である というユーザーのご意見に対して、1/25の生放送で「今後は措置内容をユーザー生放送とチャンネル生放送で統一し、ユーザー生放送のほうに合わせていきます」とお伝えしました。準備期間を経て、そのルールを導入しております」

「このルールの導入によって、「次回違反時にはチャンネル閉鎖とさせていただきます」と通告したチャンネルについては、次回違反時、例外なく閉鎖となることを改めてお伝えしておきます。(ただし通告後の違反が対象となります)」

「私が運営責任者になったからには、特定のチャンネルやチャンネル主を優遇するようなことは決してありません」

「人に迷惑をかけたり、人を不快にさせる放送がニコニコらしさだという風潮は改めたいです」

「ニコニコでニコニコできないでどうする」

(以下略)

画像と動画と詳細は以下ソース
http://buzz-plus.com/article/2018/04/18/strict-rules-movie/
no title

no title

続きを読む

【IT】LINE Payが「3万円台の店舗用キャッシュレス端末」のネットスターズとタッグ。コード決済促進

1: 名無しさん@趣味人 2018/04/15(日) 17:22:15.66 ID:CAP_USER
no title

LINEとLINE Payは4月11日、QR/バーコードで決済できるStayPay端末の開発・販売を行っているネットスターズと資本業務提携契約を締結したと発表しました。

LINE Payとネットスターズは、2017年10月に加盟店開拓・業務管理に関する提携を締結しており、StarPay端末でのLINE Pay決済が利用可能となっていました。この提携以来、多数のLINE Payコード支払いの導入実績ができたことから、協業体制の強化と、今後の包括的な取り組みを目的に業務資本提携に至ったとのこと。

今後は、店頭ブランディングの一環として、LINE PayのロゴとブランドカラーにカスタマイズしたStarPay端末を導入。LINE Payの普及を促進する考えです。

StarPay端末は、LINE Pay以外にも国内の他のQR/バーコード支払いサービスに対応するほか、微信支付(WeChat Pay)、支付宝(Alipay)、Bitcoin決済にも対応可能なマルチ決済端末。価格は3万5000円と、クレジット決済端末と比較して低コストで導入でき、インバウンド需要にも対応できるのが特徴です。

これまでクレジット決済やモバイル決済の導入が難しかった小規模な店舗や、訪日観光客を取り込みたい観光施設などへの導入が期待されます。

LINE Payは、利用できる店舗を2018年内に100万店舗に拡大する目標を掲げており、ネットスターズとの協業体制は「これに向けた着実な一歩」だとしています。
https://jp.techcrunch.com/2018/04/13/engadget-line-pay-3/

続きを読む

【時計】Apple、バッテリーが膨張した42mm Apple Watch Series 2を無償修理

1: 名無しさん@趣味人 2018/04/15(日) 11:33:01.36 ID:CAP_USER
ネットメディアMacRumorsが入手した社内文書によると、Appleはバッテリーが膨張し、ディスプレイが浮き上がった42mmモデルのApple Watch Series 2を、ユーザーが購入してから3年間は無償で修理する方針であることがわかりました。

購入から3年間無償修理
Appleは通常保証でも購入から1年間は修理を無料で提供します(条件はあります)。しかし今回のApple Watch Series 2のバッテリー膨張に関しては3年間は無償での修理を提供するとしています。同機種はすでに発売から1年半が経過しており、バッテリーが膨張して電源が入らなくなった、ディスプレイが浮き上がってしまったけど、保証期間が切れてしまっているユーザーにとっては嬉しいニュースになりそうです。

今回の無償修理の対象となるのは、Apple Watch Series 2の42mmモデルで、スポーツ、エディション、エルメス、およびNIKE+も含まれます。ただ38mmモデルや初代のApple Watch、Apple Watch Series 3については3年間の無償修理の対象からは外れています。

ちなみに、このApple Watch Series 2の修理方針は、他の多くの修理の方針と同様に一般に公開されていません。そのため一部のスタッフはこの方針をユーザーに告げないこともあるとされます。無償での修理を断られてしまった場合は、店頭で修理方針を熟知したスタッフの方に依頼をするか、さらに上の役職の人物に話を通す必要があります。
2018年4月15日 10時30分
https://iphone-mania.jp/news-209629/

続きを読む










メッセージ