PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


ミラーレス

【カメラ】ニコン、フルサイズミラーレスカメラ「Z 6」を11月23日に発売

1: 名無しさん@趣味人 2018/11/08(木) 17:41:30.74 ID:CAP_USER
no title

ニコンは11月8日、11月下旬の発売を予告していたミラーレスカメラ「Z 6」の発売日を11月23日に決定した。

11月23日に発売されるのは以下の製品。

・Z 6
・Z 6 24-70 レンズキット
・Z 6 FTZマウントアダプターキット
・Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット

Z 6は、有効2,450万画素のニコンFXフォーマット(35mm判フルサイズ相当)CMOSセンサーを搭載するミラーレスカメラ。Zシリーズでは、有効4,575万画素の高解像度モデル「Z 7」が9月28日に発売済み。
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1152285.html

続きを読む

【カメラ】インスタ女子必携のミラーレス パナ、プロ仕様参入 高級路線で勝負

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/20(土) 20:11:52.68 ID:CAP_USER
パナソニックは来春、フルサイズミラーレスカメラの新シリーズ「ルミックスS」を投入する。各社がこぞって参入するフルサイズミラーレスの舞台に、世界初のミラーレスを発売した先駆者として満を持しての登場だ。高精細画質「4K」動画にも対応する性能。Sシリーズはプロカメラマンへのアピールを目指していて、カメラ市場の台風の目となれるのか注目されている。(藤谷茂樹)

 パナ、Sシリーズ投入

 9月26日、独ケルンで開幕した世界最大のカメラ見本市「フォトキナ2018」のパナソニックブースで試作機2台が披露された。フルサイズミラーレスカメラのルミックス「S1R」と「S1」だ。

 2008年にミラーレスカメラを世界で初めて発売したのはパナソニック。Sシリーズについて、本間哲朗専務執行役員は「参入シナリオを何回も見直し、成功の確率が高くなったと、昨年の夏に開発投資を決めた」と明かした。
以下ソース
https://www.sankei.com/west/news/181020/wst1810200003-n1.html

続きを読む

【製品】富士フイルム、1億画素の中判ミラーレスを開発中

1: 名無しさん@趣味人 2018/09/26(水) 12:54:22.00 ID:CAP_USER
 富士フイルムは9月26日、同社の中判ミラーレス一眼カメラ「GFXシリーズ」で、1億200万画素のイメージセンサーを搭載するカメラ「GFX 100Megapixels Concept」を開発中だと発表した。

 開発中の「1億画素モデル」は、35mmフルサイズの約1.7倍(中判)となる大型センサーを搭載。映像処理エンジンには「X-T3」と同様の「X-Processor 4」を採用し、「世界最高峰の写真画質を実現するフラッグシップモデルのコンセプト」(同社)だとしている。

 中判ミラーレスとして世界で初めてセンサー全面(カバー率100%)に位相差画素を配置し、高速かつ高精度のAFを実現する。さらに、中判ミラーレスとして初めてボディ内手ブレ補正に対応するとしている。動画は4K/30pの10bit撮影に対応する。

 具体的な発売時期や価格については明らかにしていない。
2018年09月26日 12時15分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/26/news081.html

続きを読む

【カメラ】富士フイルム、新開発のセンサーとエンジンを搭載したミラーレスカメラ「X-T3」

1: 名無しさん@趣味人 2018/09/06(木) 16:46:29.90 ID:CAP_USER
https://img1.kakaku.k-img.com/Images/prdnews/2018090/20180906135252_419_.jpg
富士フイルムは、「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」を発表。ボディ単体に加えて、レンズキット「FUJIFILM X-T3/XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」をラインアップし、9月20日より発売する。

小型・軽量ボディに、新開発の裏面照射型「X-Trans CMOS 4」センサー(APS-Cサイズ、ローパスフィルターレス)を搭載したモデル。APS-Cサイズセンサーを備えたデジタルカメラとして最高クラスとなる2610万画素の高解像と、すぐれたノイズ低減性能を実現。また、従来は拡張感度であったISO160を常用感度として使用可能。日中の屋外での撮影や、明るいレンズでのボケを生かした撮影などで威力を発揮するという。

さらに、新開発の画像処理エンジン「X-Processor 4」を装備。同社独自の技術で多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」に、「モノクロ調整」機能を新たに加えた。銀塩フィルムからの白黒プリント制作時に、暖色系・寒色系の表現方法として活用していた「温黒調・冷黒調」を忠実に再現し、モノクロ撮影の表現の幅を広げる。

加えて、大型センサー搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」のみに搭載していた「カラークローム・エフェクト」機能を「Xシリーズ」として初めて搭載。陰影のある色あざやかな花のように、彩度が高く階調表現が難しいといわれる被写体でも、より深みのある色・階調を再現できるという。また、「X-Processor 4」の高速処理により、連写撮影においても「カラークローム・エフェクト」が使用可能になった。

AF性能については、「X-Trans CMOS 4」センサーにおいて、位相差画素数を現行比約4倍(現行機に搭載している「X-Trans CMOS III」との比較)となる216万画素に増やしたことで、像面位相差AFエリアを画面全域(約100%)に拡大。画面中央から離れた位置にある被写体でも高速・高精度にとらえる。さらに、位相差AFの低照度限界を従来の-1EVから-3EVに拡張。ろうそくの灯りのような光量の少ない光源下や、夜間でも像面位相差AFで撮影できるとのことだ。

動く人物への顔検出性能では、現行比約2倍(「FUJIFILM X-T2」などの現行機との比較)に向上。「瞳AF」機能の使用がAF-C設定時にも対応したことで、動きのあるポートレート撮影で、正確に被写体を追従。さらに、横顔など、従来は顔検出や瞳AFが難しかったシーンでも高精度に合焦する。動画撮影時の顔検出/瞳AFにも対応した。

電子ビューファインダー(EVF)は、ファインダー倍率0.75倍で約369万ドットの0.5型有機EL(視野率約100%)を採用。表示タイムラグ0.005秒、表示フレームレート約100フレーム/秒のなめらかさで、被写体の動きやピント位置を高精度に把握する。メカニカルシャッターを用いた約11コマ/秒の連写では、従来必要であった別売りの縦位置バッテリーグリップを不要とし、ボディ単体で対応。軽量性を維持したまま、高速連写撮影が可能だ。

動画機能は、ミラーレスデジタルカメラで世界初(同社調べ)という4K/60P 4:2:0 10bitのカメラ内SDカード記録をサポート。さらに、より多くの色情報を記録できる4K/60P 4:2:2 10bitHDMI出力にも、APS-Cサイズ以上のセンサーを搭載したミラーレスデジタルカメラとして、世界で初めて対応したという。

本体サイズは132.5(幅)×92.8(高さ)×35.4~58.8(奥行)mm、重量は約539g(バッテリー、 SDメモリーカード含む)、約489g(バッテリー、 SDメモリーカード含まず)。ボディカラーは、ブラック、シルバーを用意する。

市場想定価格は、ボディ単体が185,000円前後、レンズキットが235,000円前後(いずれも税別)。
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=camera/ctcd=0049/id=77470/

続きを読む

【カメラ】キヤノン、ミラーレスカメラに軸足 上位機種を発表

1: 名無しさん@趣味人 2018/09/05(水) 19:43:18.02 ID:CAP_USER
 キヤノンは5日、高級ミラーレスカメラの新製品を発表した。大型センサーを搭載した高級機で、プロや愛好家向けに販売する。市場拡大が見込まれるミラーレス分野で、同社が上位機種を投入するのは初めて。プロ向けの一眼レフカメラで培ってきた光学技術を生かし、ミラーレスの開発に軸足を移す。

10月下旬に販売する新製品「EOS(イオス) R」は、従来の一眼レフとは異なる新たな撮影システムとして売り出す。発表会で真栄田雅也社長は「新しい映像表現を追求できた」と自信を示した。ミラーレス向けに一から設計したレンズを組み合わせることで、高画質を実現したと強調した。

 レンズの重要性を打ち出すため、カメラ本体とレンズの接続規格「マウント」を新たに開発した。1987年から継続してきた独自の「EFマウント」とは別の「RFマウント」を採用する。本体との通信速度を速め、より多くの光を取り込める設計にした。「今までになかったレンズ」(真栄田社長)として、従来の一眼レフの構造では実現できなかった軽量レンズを新製品の目玉とする。

 写真の画質を左右する画像センサーは「フルサイズ」と呼ぶ最大級の規格を採用した。キヤノンが独自開発で手掛け、一眼レフに搭載していたセンサーと比べて解像度やピントを合わせる速度を改善した。最新の撮影技術を盛り込んだ製品と位置付け、参考価格は税別23万7500円とする。

 マウントの変更やレンズの質をアピールするキヤノンの戦略は、8月末に高級ミラーレスを初めて発表したニコンと重なる部分がある。両社が意識するのはソニーだ。同社は13年にミラーレス機で初めて大型センサーを採用し、ミラーレスに集中してきた。ここ数年、プロカメラマンの間で存在感を強めている。

 一方、プロ市場を独占してきた二大カメラメーカーとして、キヤノンとニコンはレンズの研磨や配置といった光学技術の蓄積を強みとする。ミラーレスは内部に反射鏡がない仕組みのため、レンズの設計で自由度が増す。キヤノンは今後、新たな「EOS R」向けのレンズを急ピッチで拡充するため、開発の軸足をミラーレスにシフトする。同社の本格参入で、高級ミラーレス市場は三つどもえの争いになりそうだ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35014020V00C18A9X12000/

続きを読む

















メッセージ