PC部品や趣味徒然blog

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


新製品

【通信】シャープ、振り込め詐欺対策機能を搭載したコードレス電話機を発売

1:海江田三郎 ★:2015/12/24(木) 12:15:20.14 ID:CAP_USER.net

http://www.rbbtoday.com/article/2015/12/24/138178.html

シャープは振り込め詐欺対策機能を搭載したデジタルコードレス電話機「JD-V37CL」「JD-V37CW」
の2機種を、2016年2月に発売することを発表した。
 振り込め詐欺対策機能としては、着信時に電話機が自動で相手に名乗るように促す「自動聞いてから応答」機能や、
登録されていない番号からの着信を赤色のLEDで警告する「あんしんLED」機能、
通話時にワンタッチで通話を拒否する「お断りボタン」などを備えている。
 11月に発売が発表された同社の「JD-AT81CL」と「JD-AT81CW」が、
警察や自治体、ユーザーから提供された迷惑電話リストをもとに詐欺対策を行うのに対して、
今回の2製品は、よりシンプルな仕組みで振り込め詐欺対策を行う。

 また、文字や番号が見やすい大型ディスプレイ(約4.7型)と大きなダイヤルボタン、
相手の声が聞き取りづらい時にワンタッチで受話音量を大きくなる「音量大ボタン」など、高齢のユーザーにも
配慮された機能も複数搭載されている。
 JD-V37CLは子機1台、JD-V37CWは子機2台が付属する。子機は合計4台まで登録することが可能だ。
2016年2月10日の発売を予定しており、月産台数は5,000台。価格はオープン価格となる。


続きを読む

【カメラ】電球ソケットに取り付ける電球型ライブカメラが登場 スマホから映像が確認可能

1:海江田三郎 ★:2015/12/22(火) 22:37:02.05 ID:CAP_USER.net

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20151222_736557.html

 ビートラスト株式会社は22日、電球型ライブカメラ「iBULB SCOPE」の販売を開始したと発表した。店頭予想価格は2万3000円(税別)。




 電球ソケット(E26口金)に挿して撮影できるWi-Fi接続専用のライブカメラ。映像をスマートフォンから確認できるため、
自宅や事務所、店舗や施設などの防犯補助などに使えるとしている。
 100万画素の1/4インチCMOSセンサーを採用し、H.264で最大1280×720/30fpsで撮影可能。最大32GBの
microSDHCメモリカードに対応しており、VGA画質(640×480)で約12日間の連続撮影が行える。赤外線ライト搭載で、
暗い場所や夜間でも映像を確認できるほか、動体検知通知機能を搭載しており、動きを検知するとメールやプッシュ通知で知らせる。

 Wi-Fiは2.4GHz帯のIEEE 802.11n/g/bに対応しており、最大10台のカメラを1台のスマートフォンで管理できるほか、
1台のカメラを最大6台のスマートフォンで同時視聴可能。
 大きさは約161×61mm(高さ×直径)で、重さは約140g。対応OSはiOS 8以上、Android 4.0以上。


続きを読む

【PC】Windows 8.1でも使えるUSB外付けフロッピードライブをオウルテックから発売 2014/07/25

1:北村ゆきひろ ★:2014/07/25(金) 00:47:01.93 ???

オウルテックは7月23日、USB外付け型の3.5インチFDドライブ「OWL-EFD3/YL」を発表、
7月末より販売を開始する。同社直販「オウルテックダイレクト」販売価格は6458円(税込み)。

 USB 2.0接続に対応する外付け型のフロッピーディスクドライブで、2DD(640/720KB)および
2HD(1.25/1.44MB)メディアに対応。他社ソフトを別途利用することでワープロ用FDも使用できる。

 OS標準ドライバで動作、USBブートにも対応する。本体サイズは103(幅)×142(奥行き)×17(高さ)ミリ。
対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1だ。



http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1407/23/news096.html


続きを読む

【音楽】パイオニア、30年ぶりDJ用アナログターンテーブル発売 2014/07/18

1: 北村ゆきひろ ★:2014/07/18(金) 13:00:54.35

パイオニアは、DJ/クラブ向けの新製品として、同社で30年ぶりとなるプロフェッショナル向けアナログレコードターンテーブル
「PLX-1000」を9月上旬に発売する。
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は74,000円前後。7月25日よりパイオニア プラザ銀座において先行展示する。

 DJ/クラブシーンで根強い人気があるというアナログターンテーブルの製造メーカーが減少し
DJプレイ向けのターンテーブルの継続供給を望む声が高まったことを受けて製品化。
1984年の「PL-7L」以来、同社にとって30年ぶりのアナログプレーヤーとなる。

 また、DJ向けCDプレーヤーなどを手掛ける同社は、ターンテーブルユーザーのニーズを調査
使いやすさを追求した操作レイアウトを採用。
DJ機器メーカーとしてのノウハウと、オーディオメーカーとしての高音質技術により、クラブシーンで求められる
操作性と高音質を両立させたという。

 駆動方式はクオーツサーボ式ダイレクトドライブで、クラブなど現場での使用に耐える安定した回転を実現。
3相ブラシレスDCモーターを使用し、起動トルクは業界最高クラスという4.5kg・cm以上。0.3秒(33 1/3回転時)で
定速回転に達する。ブレーキは電子式。

 ターンテーブルはアルミダイキャスト製で、直径332mm。回転数は33 1/3rpm、45rpm。テンポコントロールをボタンで
3段階に切り替え可能で、±8%、±16%、±50%から選択でき、スライダーで細かな調整を行なう。
RESETボタンを押すと瞬時に±0%の定速回転へ戻る。

筐体上部には亜鉛ダイキャスト、下部に8mm厚の樹脂を採用。底部には9mm厚の振動抑制材を備えることで
制振性を高めている。インシュレータのダンパー部にはゴムとバネを使用している。ワウフラッターは0.1%以下、SN比は70dB。

 トーンアームはユニバーサルタイプのS字型で、スタティックバランスのジンバルサポート型軸受構造。
有効長は230mm。内部にゴムチューブを備え、共振を防ぐことでハウリングの抑制を図っている。
オーバーハングは15mm、トラッキングエラーは3度以内。アームの高さ調整範囲は6mm。
針圧可変範囲は0~4.0g(0.1g単位)。適正カートリッジ重量は単体で3.5~13g、バランスウェイト使用時が6~10g
シェルウェイト使用時が3.5~6.5g、サブウェイト使用時が9.5~13g。

 出力端子はRCA 1系統のみ。RCA端子は同社ハイエンドオーディオブランド「TAD」のディスクプレーヤーにも
採用している削り出し/金メッキパーツを採用。プラグの安定した接続で、PHONO信号を忠実に高音質で出力できるという。
電源ケーブルは着脱式で、持ち運び時などの断線を防げるほか、ケーブル交換で好みの音質にカスタマイズできるとしている。

消費電力は8W。外形寸法は453×353×159mm(幅×奥行き×高さ)、重量は13.1kg。
ターンテーブルシートやスリップマット、スリップシート、ダストカバー、バランスウェイト、サブウェイト、ヘッドシェル、シェルウェイト
EPレコード用アダプタ、電源ケーブル、音声ケーブル、アース線などが付属する。

 同社のアナログレコードプレーヤーは、1955年のモデル「PLA-1」に始まり、初のダイレクトドライブ採用「PL-1200」(1972年)
クオーツクロック方式の「XL-A700」(1977年)などに受け継がれており、今回の新モデル「PLX-1000」は
アームの振動を抑えるDLA技術を初めて搭載した1984年の「PL-7L」以来、30年ぶりのアナログプレーヤー。
また、同社が世界初のDJ用CDプレーヤー「CDJ-500/CDJ-50」を発売した1994年から今年はちょうど20年となる。

 同社プロSV事業部 企画部の梶ヶ谷尚部長は、アナログレコードの市場動向が回復傾向にあると説明。
IFPI(国際レコード産業連盟)の調査によれば、グローバルでのアナログレコード売上は'06年の3,400万枚をボトムとして
再び上昇しており、'13年は2億1,800万枚と6.4倍まで回復。前年比27%の伸びを示した。
また、米国では'13年度売り上げ枚数が30%増、英国は売上額が49%増、オーストラリアは同77%増となった。

 日本でも、HMVがレコード/CDの中古専門店「HMV record shop」を東京・渋谷の宇田川町に8月2日にオープン。
「国内でもアナログレコードの流通が活発になると予想している」と述べた。









http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140717_658439.html


続きを読む






LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ







メッセージ
Google検索

出品中の商品はこちら













リンクRSS
  • ライブドアブログ