PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


通信

【通信】ドコモ値下げへ 決済など「非通信」に重点

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/29(月) 14:57:30.28 ID:CAP_USER
NTTドコモが2019年度にも携帯電話料金を値下げすることを検討している。割安でシンプルな料金で顧客をつなぎとめ、コンテンツ販売など「非通信」のビジネスを拡大しようとの狙いがある。次世代通信規格「5G」に5年間で1兆円投資するのも、あらゆるモノがネットにつながるIoTや自動運転などを新たな収益源に育てるため。大きな成長が見込めない国内携帯電話事業に依存する収益構造からの脱却を迫られている。

料金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2018/10/29 11:45
日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37056100Z21C18A0000000/

続きを読む

【通信】ドコモ、5G通信に1兆円投資へ 5年間で

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/29(月) 02:28:01.58 ID:CAP_USER9
NTTドコモは次世代通信規格「5G」に今後5年間で1兆円規模の設備投資をする方針を固めた。一般消費者向けに加え、企業と共同で建機の遠隔操作や遠隔医療など新たなサービスを作る計画だ。携帯電話料金の値下げ圧力が強まるなか、成長市場と期待される5G分野への投資を増やして、スマートフォン(スマホ)に依存した収益構造からの脱却をめざす。

5Gは実効速度が現行の携帯電話の100倍で、通信の遅れがほとんどない…

この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3704863028102018000000/

続きを読む

【v6プラス/DS-Lite】IPv6が速いルーターはどれ? バッファローは下り792Mbps

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/22(月) 22:56:59.53 ID:CAP_USER
IPv6が速いルーター、遅いルーター。環境によってその差は数倍! 「IPv6 High Speed」の実力は?【イニシャルB】 - INTERNET Watch
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/1148890.html
清水 理史2018年10月22日 06:00

 10月15日、NECプラットフォームズから、IPv6通信を高速化する「IPv6 High Speed」対応の新ファームウェアがリリースされた。これによって見えてきたのは、「v6プラス」や「transix」といったIPoE IPv6を利用したインターネット接続の通信速度が、ルーターの性能によって大きく変わるという事実だ。

 元々速かった製品、ファームウェアのアップデートで速くなる製品、未対応の製品があることを知らないと、せっかくの高速なインターネット接続環境を生かせないことになる。

AtermWG2600HP3での速度テスト結果。右が出荷時ファーム(1.00)で左がIPv6 High Speed対応ファーム(2.00)。回線はフレッツ光ネクスト、プロバイダーはIIJmioの「FiberAccess/NF」。DS-Liteを採用したtransix環境下でのテストとなる
no title


(略)
他社製品はどうなのか?
 しかしながら、ここでひとつ疑問が沸いてくる。

 「もともとが遅かっただけなのでは?」

 混雑したPPPoEの低速環境を体験してきた人々にとって、旧ファームの150Mbpsでも十分な速度で、それが800Mbpsにもなれば驚異的に思える。しかし、よくよく考えれば、1Gbpsのインターネット接続サービスの帯域をフルに使えるようになっただけとも言える。となると、「むしろ旧ファームの150Mbpsが遅すぎたのではないのか?」という疑問が生まれるのも自然だ。

 そこでポイントとなるのが、ウェブページでは「通常のIPv6通信と比較して大幅なスピードアップが期待できる」と記載されている部分のうち、IPv6 High Speedの“通常”という表現だ。

 仮に、この“通常”が世間一般に存在するWi-FiルーターのIPv6の実力(通信速度)を指しているのなら、既存ルーターのIPv6の速度も、ある程度で頭打ちになるはずだ。

 そこで、今回、とりあえず筆者宅にあった製品、各方面から借り受けた製品、急遽、近所の家電量販点で買ってきた製品、押し入れの奥にしまい込んであった製品(Edge Router ER-8)と、IPoE IPv6対応の製品をいくつか用意し、その速度をチェックしてみることにした。

no title


 この数字を、もう少し詳しく見ていこう。

 まず、バッファローの「WXR-2533DHP」(DHP2ではない旧製品)だが、これは元々速かったと考えられる製品だ。筆者は、2018年9月12日に公開された最新ファームウェア「1.35」で試したが、700Mbps以上の速度で通信できた。

 公表されずに高速化の対応がなされていた可能性もなくはないが、過去のファームウェアの変更履歴を見ても、IPoEに関する速度の改善という項目は見つけられなかったため、IPoE IPv6に関するパフォーマンスは、おそらくここ数カ月で大きく変化していないと推測できる。個人的に周囲のユーザーの反応を見ても、元々速かったと考えるのが妥当だ。

(略)

 現状、IPv6 High Speed相当の機能に対応していないWi-Fiルーターを使っている場合であっても、将来的なファームウェアのアップデートによって、同様の高速化機能が実装される可能性はある。現状、遅いと言っても、実効で150~300Mbpsの通信速度が実現できていれば実用上はさほど問題はないので、今使っている製品のまま、しばらく対応を待つのも1つの選択肢だろう。

(全文はソース)

続きを読む

【通信】「5G」導入を前に携帯電話大手3社がサービス開発を加速

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/22(月) 01:52:39.01 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181021/k10011680111000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_033

「5G」導入を前に携帯電話大手3社がサービス開発を加速
2018年10月21日 17時03分IT・ネット

携帯電話大手3社は次世代の通信規格「5G」を来年から試験的に導入する方針で、新たなスポーツの観戦方法を提案するなど、高速通信という特徴を生かしたサービスの開発を急いでいます。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、現在よりも通信速度が10倍程度になり、大量のデータをすばやく送ることができる次世代の通信規格「5G」を来年から試験的に導入する方針です。

3社はスポーツなどの会場に5Gの電波を飛ばすことにしていて、例えば、観客のスマートフォンやタブレット端末に複数の角度から撮影された高い精度の映像を同時に送り、観戦を楽しめるようにすることを検討しています。

また、各社は救急車で搬送中の患者の映像を見ながら離れた場所にいる医師が指示をしたり、建設機械を遠隔操作したりする実験を行うなどして、映像がごく短時間で届き、いわゆるタイムラグが少ない5Gの特徴を使ったサービスを確立したいとしています。

NTTドコモ5Gイノベーション推進室の奥村幸彦担当部長は「5Gで何ができるようになるかをたくさんの人に理解してもらうことが重要なので、来年にかけていろいろトライアルを行う。日常生活でもビジネスでも新しいサービスを提供していきたい」と話しています。

続きを読む

【携帯/au】 KDDI社長「単純な値下げにならないかもしれない」 利益は社会貢献に キッザニアと提携

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/14(日) 21:59:24.13 ID:CAP_USER9
KDDIがキッザニアと提携 次世代通信技術で教育事業|テレ朝news
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000138105.html

 KDDIは、子ども向け職業体験施設「キッザニア」の運営会社を子会社化すると発表しました。名古屋に新たなキッザニアを造る計画です。

 KDDI株式会社・高橋誠社長:「利益をどうやって社会貢献に適用していくのか大きなテーマである。今回のキッザニアさんのように、非常に重要な役割を持っているところに我々が支援することも一つ」
 KDDIの高橋社長はキッザニアを運営するKCJグループと共同で会見し、次世代通信技術を使って子ども向けの教育事業などで提携していく考えを示しました。その一環として、東京と兵庫にあるキッザニアを2020年度までに新たに名古屋で開業する計画を明らかにしました。一方、政府の求める携帯料金引き下げについては利益の一部を社会貢献に使う考えを示し、「単純な値下げにならないかもしれない」と述べました。

続きを読む

















メッセージ