PC部品や趣味徒然blog

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


2ch

【スマホ】iPhone 7がヘッドフォンジャック非搭載ならここまで薄くなる コンセプト画像が登場

1:海江田三郎 ★:2015/12/24(木) 21:22:04.97 ID:CAP_USER.net

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/24/news123.html

 米Appleの次期iPhone(“iPhone 7”?)は、薄型化のために従来型のヘッドフォンジャックを
搭載しない可能性があるとうわさされている。これに関連し、本当にヘッドフォンジャック非搭載だった
としたらここまで薄くなる――というコンセプト画像が公開された。



Appleは初代iPhoneから一貫して、直径3.5ミリメートルのヘッドフォンジャックを搭載してきた。
現行のiPhone 6sは厚さ約7.1ミリだが、オランダ人デザイナーのエリック・ユイスマンさんがWebサイトで公開した
“iPhone 7”のコンセプト画像では、ヘッドフォンジャックをなくすことで約5.2ミリまで薄くなると予想している。



ヘッドフォンジャックの代わりには、Appleが新型Macbookで採用したUSB-Cポートを搭載すると予想。
もしUSB-Cではなく薄型のLightning端子を用いるとしても、いずれにせよ現行モデルより薄型化を実現することはできそうだ。

これはあくまで外部のデザイナーが描いたコンセプト画像でAppleの公式発表ではないが、
Apple Musicのハイレゾ対応に向けてオーディオ機器メーカーがLightning対応のオーディオケーブルを
準備をしているとのうわさもある。これらの方針が事実なら、ユーザーや関連市場への影響は大きくなりそうだ。




iPhone 6s(左)と“iPhone 7”のコンセプト画像(右)の比較



続きを読む

【通信】シャープ、振り込め詐欺対策機能を搭載したコードレス電話機を発売

1:海江田三郎 ★:2015/12/24(木) 12:15:20.14 ID:CAP_USER.net

http://www.rbbtoday.com/article/2015/12/24/138178.html

シャープは振り込め詐欺対策機能を搭載したデジタルコードレス電話機「JD-V37CL」「JD-V37CW」
の2機種を、2016年2月に発売することを発表した。
 振り込め詐欺対策機能としては、着信時に電話機が自動で相手に名乗るように促す「自動聞いてから応答」機能や、
登録されていない番号からの着信を赤色のLEDで警告する「あんしんLED」機能、
通話時にワンタッチで通話を拒否する「お断りボタン」などを備えている。
 11月に発売が発表された同社の「JD-AT81CL」と「JD-AT81CW」が、
警察や自治体、ユーザーから提供された迷惑電話リストをもとに詐欺対策を行うのに対して、
今回の2製品は、よりシンプルな仕組みで振り込め詐欺対策を行う。

 また、文字や番号が見やすい大型ディスプレイ(約4.7型)と大きなダイヤルボタン、
相手の声が聞き取りづらい時にワンタッチで受話音量を大きくなる「音量大ボタン」など、高齢のユーザーにも
配慮された機能も複数搭載されている。
 JD-V37CLは子機1台、JD-V37CWは子機2台が付属する。子機は合計4台まで登録することが可能だ。
2016年2月10日の発売を予定しており、月産台数は5,000台。価格はオープン価格となる。


続きを読む

【調査】大学生がよく使うSNSツール…LINEは99.5%、ツイッターは92%、Facebookは70%、ミクシィは7.3%

1:海江田三郎 ★:2015/12/23(水) 10:48:01.14 ID:CAP_USER.net

http://withnews.jp/article/f0151214001qq000000000000000W00h0401qq000012823A

大学生にとって大事なのは「リア充」よりも「フォト充」――。

 大学生がSNSで出来事を発信する際、実際に楽しかったかよりも、投稿する画像が楽しそうに見えるかが
大事であることが、大学生1千人の調査でわかりました。SNSを通じて世の中と広くつながることよりも、
スマホで撮影した画像を、オシャレに加工して投稿することで、狭い人間関係の中での親交を深めたり、
交友関係の充実ぶりをアピールしたりする行動モデルがみられます。

LINEは万能型、ツイッターは情報源
 調査は広告やマーケティングを学ぶ首都圏の六つの大学(青山学院・駒沢・上智・専修・千葉商科・日本)の
3年生有志が、同大学に通う学生1千人を対象に実施。大学生のSNSの使い方を行動モデルとしてまとめ、4日、
東京広告協会主催の「大学生意識調査プロジェクト(FUTURE2015)」で発表しました。
 調査によると、大学生が最もよく使うSNSツールは利用率が高い順にLINE(99.5%)、ツイッター(92.4%)、
フェイスブック(70.6%)でした。5年前の調査で96.6%と一番使われてたmixiは7.3%と激減。
また、今回初めて調査したという画像投稿・閲覧サービス「インスタグラム(インスタ)」の利用率は63.3%でした。

 それぞれの使い方について、平均友だち数が255人だったLINEは、広い人間関係を網羅するだけではなく
、友だちをグループ化する機能によって、人間関係を線引きしたり、
会話の内容を使い分けたりしていることから「万能型SNS」と位置づけました。

 一方、3年前の調査では最も頻繁に使用するSNSだったツイッター。2015年調査では
、LINEに抜かれました。ツイッターは考えを発信するより、電車の遅延情報や休講情報などタイムリーな
情報源として使用法が変化しているそうです。「最も炎上やトラブルが多い」というイメージが9割近かったことから、
自分が不特定多数にどう見られるかが気になって不用意にはつぶやけないと感じ、
事実を送受信するツールとなっていると変化を挙げます。

「最もおしゃれ」インスタ台頭

 調査ではこうした既存のSNS分析の一方、急速に利用率が高まっているインスタについて
「最もおしゃれ」「時代の最先端」というイメージが、他のSNSよりも高いことに注目します。
 他人からSNS上で自分を見られることを意識し、どういうキャラクターか互いに探り合う大学生。
そんな大学生の8割強が、インスタに画像を投稿する際「加工する」と答えていることから、
インスタは見せたい自分を演出できる「大学生らしいSNS」とし、普及した理由とあげます。

 調査報告したインスタ利用者の榎本由希さん(日大3年)は「インスタは『楽しそう』『オシャレ』といった
憧れの印象をつけるために使うことが多い」といいます。画像の加工に1時間以上かける利用者もいるといい、
LINEなどと比べて最も画像の「見せ方」に気を使うそうです。

楽しそうに見える画像こそ「フォト充」
 調査ではこうした大学生の画像への意識の高さから、リアルな生活が充実している「リア充」よりも、
SNS上で楽しそうに見える画像が充実している「フォト充」を重視していると指摘します。
SNSへの画像投稿は、誰かとつながりたいというよりも、もともとつながっている
友人と写真を撮る行為そのものを重視。さらにSNS上で楽しそうに見える画像を共有することで、
第三者にその集団が楽しそうと思わせるとともに、一緒に画像に写っている集団内で親交や絆を深めていると結論付けました。

 調査に参加した堤優佳さん(上智大3年)は、友人と写真を撮ることについて「どこで撮るかやイベント
そのものが楽しいか(リア充であるか)よりも、メンバー全員が楽しそうに写っていることが重要」と分析。
その理由について「フォト充とは友人関係の縮図が見えることだから」と話しました。


続きを読む

【カメラ】電球ソケットに取り付ける電球型ライブカメラが登場 スマホから映像が確認可能

1:海江田三郎 ★:2015/12/22(火) 22:37:02.05 ID:CAP_USER.net

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20151222_736557.html

 ビートラスト株式会社は22日、電球型ライブカメラ「iBULB SCOPE」の販売を開始したと発表した。店頭予想価格は2万3000円(税別)。




 電球ソケット(E26口金)に挿して撮影できるWi-Fi接続専用のライブカメラ。映像をスマートフォンから確認できるため、
自宅や事務所、店舗や施設などの防犯補助などに使えるとしている。
 100万画素の1/4インチCMOSセンサーを採用し、H.264で最大1280×720/30fpsで撮影可能。最大32GBの
microSDHCメモリカードに対応しており、VGA画質(640×480)で約12日間の連続撮影が行える。赤外線ライト搭載で、
暗い場所や夜間でも映像を確認できるほか、動体検知通知機能を搭載しており、動きを検知するとメールやプッシュ通知で知らせる。

 Wi-Fiは2.4GHz帯のIEEE 802.11n/g/bに対応しており、最大10台のカメラを1台のスマートフォンで管理できるほか、
1台のカメラを最大6台のスマートフォンで同時視聴可能。
 大きさは約161×61mm(高さ×直径)で、重さは約140g。対応OSはiOS 8以上、Android 4.0以上。


続きを読む

【宿泊】Airbnbで“民泊”したカップル、家主の隠しカメラで裸を盗撮される

1:海江田三郎 ★:2015/12/22(火) 17:58:31.51 ID:CAP_USER.net

http://news.biglobe.ne.jp/it/1221/imn_151221_5633416140.html


 空き部屋シェアサービス「Airbnb」で見つけたアパートで休暇を過ごそうとしたカップルが、
家主が仕掛けた高性能隠しカメラによって盗撮の被害に遭ったそうだ。カップルの女性が米Airbnbを訴えた内容をもとに米BGRが伝えている。
 このドイツ人カップルは、米西海岸に位置するカリフォルニア州アーバインで3週間のバカンスを過ごそうと、
Airbnbで現地アパートの1室を予約していた。いざ宿泊を始めてしばらくした後、ある異常に気付いたという。
リビングルームの本棚の後ろに、リモート制御が可能な高性能カメラ(広角レンズ付き)が仕込まれていたのだ。
 惨劇はこれだけではない。女性がバスルームに入浴しようとしたところ「ひどく汚れていた」ため、
裸のままゲスト用の別のバスルームに移動したことがあった。
つまり、その間のあられもない姿もすべて盗撮されていたというのだ。
さらに女性はドアや窓を閉め切っていることで安心し、裸のまま眠ったりしていたという。
 この訴えが事実なら、盗撮映像がインターネット上にすでに公開されている可能性もあり、

重大なプライバシーの侵害に当たる。女性はAirbnbに対し、アパートの貸し手の素性調査を十分に行わなかった
として損害賠償を請求しているという。


続きを読む






LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ







メッセージ
Google検索

出品中の商品はこちら













リンクRSS
  • ライブドアブログ