PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


AI

【市場】トレンド追随コンピューター主導型ヘッジファンド、市場混乱で「惨敗」

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/29(月) 01:07:34.06 ID:CAP_USER9
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-26/PH7SVD6S972C01?srnd=cojp-v2

トレンド追随コンピューター主導型ヘッジファンド、市場混乱で「惨敗」

Suzy Waite、Nishant Kumar
2018年10月27日 4:02 JST
→ブルートレンドやキャンタブ、月初から19日まで4-9%の下落
→資産価格の急速な反転読めず、金利上昇と株価下落でダブルパンチ

ボラティリティーの急騰で、相場の大きな流れに追随するコンピューター主導型のモデルを活用するヘッジファンドが大きな打撃を受けている。

  数理モデルが明確または顕著なトレンドを示す世界金融危機などの市場の急落場面では、商品投資顧問(CTA)として知られるファンドは、これまで投資家を守ってくれることが多かった。だが、今回は資産価格の急速な反転を読むことができず、レダ・ブラガ氏のブルートレンド・ヘッジファンド、GAMホールディングのキャンタブ部門、マン・グループのAHL部門は10月にいずれも大きな損失を被っている。


  88億フラン(約9850億円)を運用するミラボー・アセット・マネジメントのヘッジファンド責任者、バカール・ズベリ氏は「極めて少数の例外を除き、ほぼ全ての戦略が惨敗だ」と指摘し、「CTAは金利上昇と株価下落のダブルパンチを受けている」と話す。「唯一の出口は撤退で、今や全員がそうしようとしている。CTAのモデルがそうするよう指示しているからだ」と述べた。

  企業業績の減速やイタリアの政治混乱、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る混乱の中で、コンピューター主導型のヘッジファンドは1-9月の成績がマイナス1.6%と、通年で設立以来最悪を記録するペースだった。

  ユーリカヘッジは10月の成績を公表していないが、事情に詳しい関係者が確認したところでは、ブルートレンド・ヘッジファンド、キャンタブ・キャピタル・パートナーズ・クオンティタティブ・ファンド・アリスタルコス、AHLダイバーシファイド・ファンドは月初から19日までの下げ幅が4%弱-9%強に達し、年初来の下げが2桁に上った。

  各社ともコメントを控えた。

続きを読む

【AI】AIでインフラの“ひび割れ”把握も ベンチャーへの投資活発

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/07(日) 15:19:05.31 ID:CAP_USER
大手商社が新たな収益源を目指して国内外のベンチャー企業への投資を活発化させています。「丸紅」は、世界的にインフラの維持管理が課題となる中、深刻な事態につながりかねない「ひび割れ」や「さび」を、AI=人工知能を活用して早期に発見できる技術を持つアメリカのベンチャー企業と資本提携しました。

関係者によりますと、丸紅はカリフォルニア州にあるベンチャー企業「エーセレント」と資本提携しました。

この企業はスタンフォード大学の研究者らが設立し、機械などに超音波を当てた際の波形を特殊なセンサーで検知しAIで分析することで、亀裂につながる「ひび割れ」や「さび」を早期に把握できる独自の技術を開発しました。

鉄道や航空機、風力発電など幅広い分野の安全検査に応用できるということで、丸紅では数億円を出資するとともに、みずからのネットワークを生かし世界各地の企業などへの販売を支援することにしています。

このほか住友商事が3年間で200億円のベンチャー投資を進めているほか、三井物産もIT分野に特化した投資ファンドに50億円を投じるなど、大手商社の間では新たな収益源の獲得に向けて国内外のベンチャー企業に投資する動きが活発になっています。
2018年10月7日 13時21分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181007/k10011662351000.html

続きを読む

【AI】AI、データ不足6割 「動かない頭脳」続出の恐れ

1: 名無しさん@趣味人 2018/09/30(日) 22:08:09.77 ID:CAP_USER
日本の主要企業の6割が人工知能(AI)運用に欠かせないデータ活用で課題を抱えていることが分かった。製品やサービスの開発、事業開拓などAIの用途は新たな分野に広がりつつある。だが必要なデータが不足していたり、データ形式が不ぞろいで使えなかったりと、AIの導入に戸惑う事例も多い。欧米を中心に企業のAI活用が急拡大するなか、「動かないAI」が増え続ければ世界競争に出遅れかねない。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35932210Q8A930C1MM8000/

続きを読む

【イノベーション対話】日中両政府、AI開発で連携へ 安倍首相、10月訪中時に合意

1: 名無しさん@趣味人 2018/09/23(日) 18:07:15.57 ID:CAP_USER9
週末の政治
2018年9月23日 17時27分
 日中両政府は、両国の政府関係者らが先端技術分野での協力を話し合う「イノベーション対話」を設立する方向で調整に入った。安倍晋三首相が10月に訪中して合意し、日中関係改善を象徴する成果にしたい考え。人工知能(AI)や自動運転技術の開発、管理などで連携し、両国の経済活性化につなげる狙いもある。複数の日中関係筋が23日、明らかにした。

 両政府は、安倍首相の訪中に向けた調整を加速。日中平和友好条約の発効から40年となる10月23日に北京入りし、25日までの滞在中に習近平国家主席らと会談する日程を描く。設立に合意すれば、年内に初会合を開催する運びだ。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018092301001580.html
no title

続きを読む

【AI】音声AI 5~10年後には20分雑談可能に アマゾン幹部

1: 名無しさん@趣味人 2018/09/23(日) 07:07:50.22 ID:CAP_USER
 米インターネット通販大手のアマゾン・コムの幹部は21日、共同通信などの取材に対し、音声を使った人工知能(AI)の開発の進捗(しんちょく)について、5~10年後に人間と20分以上、雑談を続けられるようになるとの見通しを明らかにした。

 政治や娯楽、スポーツといった幅広い話題で自然な会話を実現するのが目標で、アマゾンは、大学生向けに賞金付きのコンテストを実施し、研究開発を促している。音声AIの研究開発責任者のローヒット・プラサード氏は「開発は進んでいるが、達成に5~10年はかかるだろう」と述べた。

 アマゾンは20日、AIスピーカー「エコープラス」などの新製品を発表した。

 アマゾンの音声AI端末責任者のトニー・リード氏は、音声AIサービス「アレクサ」の搭載を自社製品に加え、他社の家電にも広げる戦略を進めると強調した。(共同)
2018.9.22 15:53
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180922/bsb1809221553002-n1.htm

続きを読む













 
 
 
 
 
 


 


メッセージ