PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


AMD

【CPU】第1世代と第2世代Ryzenの違いは微小 AMD CPUロードマップ

1: 名無しさん@趣味人 2018/04/23(月) 18:13:10.88 ID:CAP_USER
ASCII.jpデジタル 2018年04月23日 12時00分更新
http://ascii.jp/elem/000/001/667/1667518/


 前評判の高かった第2世代Ryzenも無事発売され、さっそくベンチマークやオーバークロックレポートが
掲載されているので、ご覧になった読者も多いだろう。

 性能と価格はこれらのレポートで十分語られているので、こちらでは事前に開催された説明会の内容をベースに、
主に内部の話を解説していこう。


第2世代Ryzenが登場 Ryzen 3 1500X/1300Xは販売継続

 まずラインナップについて。第1世代では「Ryzen 3 1200」から「Ryzen 7 1800X」まで9製品が
ラインナップされたが、第2世代ではこれが6製品に集約された。

 これについてKevin Lensing氏(Corporate Vice President and General Manger, Client Business Unit)は
「第1世代では多くの品ぞろえを行なったが、その後の調査でそこまでのラインナップは必要ない、
という結論に達した。それもあって第2世代ではラインナップを整理した」という。

 別にハイエンドが800でないといけない、という縛りはなかったそうで、将来的に2800Xを投入する予定で
2700止まりにしたわけではない。少なくとも現時点では、より上の製品を出す予定はないそうだ。

 これはローエンド向けも同じで、Ryzen 3とRyzen 5の下の方は、Ryzen APU(Ryzen 5 2400G/Ryzen 3 2200G)で
カバーできるので、第2世代Ryzenで新規の製品を投入する必要はないと判断したとのこと。

 ただごく一部、こうしたローエンド向けでGPU非統合タイプのプロセッサーが欲しいというニーズに応えるため、
引き続き「Ryzen 3 1500X」と「Ryzen 3 1300X」は継続販売にするそうだ。

 実際のところ、スペックを見れば動作周波数はRyzen APUの方が上だが、3次キャッシュの容量だけは圧倒する
(Ryzen 3 1500XとRyzen 3 1300Xは16MB、Ryzen APUは4MB)ので、このポイントに価値を認める、ややニッチな
ユーザー向けという位置付けになるだろうか。

 現実問題として、Ryzen ProおよびEPYCプロセッサーのために、AMDはSummit Ridgeコアを引き続き量産することは
間違いないので、仮に需要が急に発生したとしても「Ryzen 5 1500X」と「Ryzen 3 1300X」の生産そのものは
別に困らないわけで、これは妥当な戦略かと思う。


第2世代RyzenのコアZen+と初代RyzenのコアZenとの違い

 さてその第2世代Ryzen、コアとしてはZen+に該当するマイナーアップデートである。ではそのZen+とは
どういうものかというのが下の画像だ

 AMDは「Zen+ではIPC比でZenからおよそ3%の改善が実現した」とする。問題はこのIPC改善の要因が、
キャッシュ/メモリーアクセスのレイテンシー削減「だけ」なことだ。

Zen+の改善点

・1次キャッシュのレイテンシーを最大13%削減
・2次キャッシュのレイテンシーを最大34%削減
・3次キャッシュのレイテンシーを最大16%削減
・メモリーアクセスのレイテンシーを最大11%削減
・1次キャッシュのレイテンシーを最大13%削減

 つまり、CPUのパイプラインや、内部の細かいバッファのサイズ(たとえばIn-Flight状態の命令数や内部TLBのサイズ、
レイテンシー)などは一切変更されていない。


(続きは記事元参照。全3ページ)

続きを読む

【CPU】第2世代Ryzen向けチップセット搭載マザーボードが各社から登場

1: 名無しさん@趣味人 2018/04/21(土) 08:30:54.89 ID:CAP_USER
マイナビニュース 2018/04/20 22:25:04
https://news.mynavi.jp/article/20180420-619663/

AMDは4月19日に第2世代Ryzenプロセッサとなる「Ryzen 2000」シリーズを発売した。これに合わせて、
マザーボードメーカー各社が、対応チップセットとなるAMD X470搭載製品を発表した。まとめて紹介しよう。

第2世代Ryzenプロセッサ(開発コード名:Pinnacle Ridge)は、12nm LP プロセスで製造されるZen+コアを採用し、
IPC(Instructions Per Clock)の向上に加えて、動作周波数を従来製品から引き上げた。

既存のAM4マザーボードでも利用できるが、新チップセット搭載製品では、電源回路設計の最適化や、
SSDとHDDを組み合わせてストレージを高速化する「StoreMI」が利用できるといった強化が図られている。


ASRock

ASRockは、AMD X470搭載マザー4モデルを発表。メインストリームの上位モデル「Taichi」に、
16フェーズ電源回路や高品質コンポーネントを採用した「X470 Taichi Ultimate」を投入する。
4月19日より順次販売を開始。CFD販売やマスタードシードなどが取り扱う。ラインナップと店頭予想価格は以下の通り。
(記事元参照)


ASUS

ASRockは5モデルを発表。Intelチップセットで投入したゲーマー向け製品「TUF GAMING」を
AMDプラットフォームでも展開する。ゲーマー向け最上位シリーズ「ROG CROSSHAIR」、メインストリーム向け
「ROG STRIX」と合わせて、幅広いラインナップをそろえる。ラインナップと店頭予想価格は以下の通り。
(記事元参照)


GIGABYTE

GIGABYTEは3モデルを発表。すべてゲーミングブランド「AORUS」の製品で、最上位の「X470 AORUS GAMING 7 WIFI」は、
基板上のさまざまな場所にLEDを内蔵し、イルミネーション機能「RGB Fusion」をサポートする。
また、X370搭載マザーも1モデル追加する。ラインナップと店頭予想価格は以下の通り。
(記事元参照)


MSI

MSIは3モデルを発表。フラグシップの「X470 GAMING M7 AC」、メインストリーム向けの「X470 GAMING PRO CARBON」、
コストパフォーマンス重視の「X470 GAMING PLUS」とバランスの取れたラインナップとなっている。
発売日と店頭予想価格は以下の通り。
(記事元参照)


関連スレ
【CPU】AMDの第2世代「Ryzen」、4月19日に発売へ
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1523863873/

続きを読む

AMD Ryzen 2 発売

1: 名無しさん@趣味人 2018/04/20(金) 14:51:55.14 ID:WAlXPeGV0 BE:422186189-PLT(12015)
4月19日(木)22時に販売が解禁された「Pinnacle Ridge」こと第2世代Ryzenシリーズ。
ツクモeX.パソコン館、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ドスパラ秋葉原本店では、
新型CPU恒例の夜間販売が行われ、多くのAMDファンが発売を祝った。

当日は各店とも19時から事前会計をスタート。
ツクモeX.パソコン館では平日にもかかわらず40名前後の人が列を作ったほか、
ASUSやADATAがイベントを行ったパソコン工房 秋葉原BUYMORE店でもスペースに
入りきれないほどの人が集まり、Ryzenの注目度の高さを感じさせた。

販売解禁の22時前直前には、購入者や業界関係者を含めて150名以上の人が店頭に集まり、
第2世代Ryzenシリーズの発売を祝った。

人気モデルは、最上位の「Ryzen 7 2700X」で、半数近くはCPU単体での購入ということだが、
X470マザーとセットで購入する人も多かったようだ。

第2世代Ryzenの夜間販売にAMDファン集結、150名以上の人で賑わう
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1118136.html

続きを読む

【PCパーツ】AMD,OEM向けGPU「Radeon RX 500X」をリリース。「X」なしモデルのリブランド品【型番は新しくなりました】

1: 名無しさん@趣味人 2018/04/12(木) 18:43:47.72 ID:CAP_USER
 AMD春のリブランド(リネーム,リバッジともいう)祭りが今年もやってきたようだ。
 北米時間2018年4月11日,AMDは,同社のOEMとなるPCメーカー向けで,基本的には小売市場へ出回らないGPUの新シリーズ「Radeon RX 500X」および「Radeon 500X」を発表した。ラインナップはメモリインタフェース256bitおよび128bit仕様のRadeon RX 500Xシリーズが5モデル,64bit仕様のRadeon 500Xシリーズが2モデルとなっている。

no title

「Radeon RX 580X」の製品情報ページより

 スペックは表のとおり。表画像をクリックすると従来のRadeon RX 500およびRadeon 500シリーズと比較できるようにしてあるので,そちらをぜひチェックしてほしいと思うが,基本的には従来製品そのままと言っていいだろう。「Radeon RX 550X」でブースト最大クロックが「Radeon RX 550」より4MHz高いとか,メモリインタフェース64bit仕様の「Radeon 550X」がラインナップに加わっているとかいった違いはあるが,その程度である。
no title

※ベースクロック,ブースト最大クロックは設定可能な最大値。OEMによってはより低くなることもある

 AMDのOEMとなるPCメーカーは,CPUが最新世代に切り替わるタイミングで自社PC製品のモデルチェンジを行うが,その新モデルが「CPUは新しくなっているのに,GPUは去年の仕様のまま」では格好が付かないと考えがちだ。ゲーマーは二大GPUメーカーの動向を追っているため,その“齟齬”を気に留めない傾向にあるものの,一般PCユーザーはそうではないため,PCメーカーとしても一般PCユーザー向けモデルではなんとかしてGPUを新しくしたい。そして,そういう要望に応えるのがOEM向けGPUのリブランドなので,ほぼ毎年の恒例行事になるのである。

 そういう事情なので,4Gamer読者としては「Radeon RX 500XはRadeon RX 500と同じ」という理解でまったく構わない。どこか大手PCメーカーから「X」付きのRadeon RX 500シリーズ搭載PCが出てきたときに「なんだこれ?」と慌てないために,状況を押さえておけば十分だろう。

Radeon™ RX Series Graphics Card | AMD
https://www.amd.com/en/RX-series#paragraph-341606

2018/04/12 13:32
4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/377/G037775/20180412010/

続きを読む

【PC】AMD、RyzenとEPYCの脆弱性に対する対応を表明

1: 名無しさん@趣味人 2018/03/22(木) 20:37:05.60 ID:CAP_USER
AMDは3月21日(米国時間)、イスラエルのセキュリティ企業CTS-Labsが報告したプロセッサの脆弱性に対する、初期調査の結果と対応策を発表した。現在、修正したファームウェアを準備しているという。

AMDによると、報告された脆弱性はZenアーキテクチャとは無関係で、一部のAMDプロセッサで採用するAMDセキュアプロセッサと、Ryzen / Ryzen Threadripperに対応するチップセットに影響する。これらに対策したファームウェアの配布を予定しているという。

一方で、今回の脆弱性を利用した攻撃を行うには、システムの管理者権限を得る必要があることを強調。そもそも管理者権限があれば、報告された脆弱性の範囲を超える攻撃が可能だが、モダンなOSやハイパーバイザには「Windows Credential Guard」など、資格情報を不正なアクセスから保護する機能が搭載されているとして、実際の影響は限定的だという考えのようだ。

さらにAMDは今後数週間のうち、追加の分析結果と対策についてアナウンスするとしている。
https://news.mynavi.jp/article/20180322-604904/

続きを読む










メッセージ