PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


Apple

アップル iPhone SE2開発中止へ

1: 名無しさん@趣味人 2018/06/19(火) 18:31:38.54 ID:Lm2Qde2Y0● BE:201615239-2BP(2000)
 アップルがiPhone Xデザインの小さなサイズの「iPhone SE2」の販売計画をキャンセルした。
米フォーブズが6月17日に報じた。

 フォーブズはケースメーカーOlixarからのリーク情報として、今年発売されるiPhoneのサイズを
取り上げている。そこにはiPhone SE2にあたる5インチサイズがなく、Olixar以外の複数のリーク
情報とあわせてアップルがiPhone SE2の計画を打ち切ったと伝えている。

 今年発売されるiPhoneは3種類であり、これまでのうわさどおり有機ELディスプレーモデルの
5.8インチと6.5インチ、液晶ディスプレーモデルの6.1インチになる見込みだ。

 なお、Olixarはリーク情報に自信を持っており、すでにケースの生産を開始しているという。

http://ascii.jp/elem/000/001/696/1696061/

続きを読む

正直、iPhone以外のゲーム機って将来性あるの?

1: 名無しさん@趣味人 2018/06/15(金) 14:21:47.96 ID:xEdRRJZM0 BE:422186189-PLT(12015)
世界最大のゲーム見本市「E3」が今年も始まった。開幕に先駆けてゲームメーカー各社が開催した
大規模なプレスカンファレンスでは、数日にわたって数多くの情報が公開された。

そのなかから、6つの主力メーカーによる驚きの発表と、「残念」だったことを紹介する。

https://wired.jp/2018/06/14/e3-press-conference-roundup/

続きを読む

【スマホ】2019年、iPhoneがLightning端子を廃止しUSB-Cを採用?

1: 名無しさん@趣味人 2018/06/13(水) 06:08:27.56 ID:CAP_USER
2019年モデルのiPhoneやiPadが、Lightning端子ではなくUSB Type-C(USB-C)端子を搭載すると、サプライチェーン関係の情報に詳しい台湾メディアDigiTimesが報じています。

2019年のiPhoneはUSB-C端子搭載、2018年の充電器に変化なし
DigiTimesは、2019年にAppleがiPhoneやiPadの充電用端子がUSB-C形式になると、「アナログICベンダー」関係者からの情報として伝えています。

同メディアは、2018年のiPhoneにUSB-C方式の充電アダプタが同梱されることはない、とも主張しています。

現在、MacBookとMacBook ProシリーズはすでにUSB-C端子を採用していますが、iPhoneとiPadにはAppleの独自規格であるLightning端子が用いられています。

以前から繰り返される同様の報道
同様の情報は、2017年2月に米Wall Street Journalが「2017年のiPhoneにUSB-C端子が搭載される」と報じているほか、以前から数多くの噂がありました。

2017年秋に発売されたiPhone X、iPhone8/8 Plusには引き続きLightning端子が搭載されましたが、USB-C充電アダプタを使った高速充電に対応しています。

2019年のiPhoneにUSB-C方式の充電器同梱、の意味か?
米メディアMacRumorsは、DigiTimesの報道を懐疑的に報じながら、もしかすると、今回報じられているのは、2019年のiPhoneにUSB-C方式の高速充電対応アダプタが同梱されるという意味なのではないか、と指摘しています。

今年5月には、今秋発売のiPhoneに18W USB-C電源アダプタと対応ケーブルが同梱される、と報じられたほか、USB-CーLightningアダプタのものとされるCAD画像が流出して話題となりました。
2018年6月12日 23時44分
https://iphone-mania.jp/news-215461/

続きを読む

スマホだって10万円超えると与信厳しいだろう

1: 名無しさん@趣味人 2018/06/11(月) 17:52:54.81 ID:zAIwXujv0 BE:194767121-PLT(12001)
不調と伝えられたiPhoneX、出荷台数で1位を獲得。ただし前年の「7」より大幅に鈍化
https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/59303/

続きを読む

【PC】タッチスクリーン搭載Macの予定は「No.」。アップル幹部が否定的な見解

1: 名無しさん@趣味人 2018/06/09(土) 23:32:06.69 ID:CAP_USER
アップルのソフトウェアエンジニア担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏が、たびたび噂されているタッチスクリーン搭載Macの登場について否定的な見解を述べたことが報じられています。

WWDC 2018にて発表されたiOSとmacOSのクロスプラットフォーム開発環境。手短に言えば「iOSアプリをmacOS上でそのまま動作、ないし移植しやすい開発フレームワークの提供」という趣旨でした。

やはり気になるのが、iOS端末との最大の違いである「タッチスクリーン」がMacにも来るのか?ということ。この疑問に対して、iOSとmacOS担当の幹部から「No.」が回答されたかっこうです。
米WIREDのインタビューにて、フェデリギ氏はiOSアプリをMacに移行するためのフレームーワークは2年前から準備が進められていると明かし、技術的な詳細をいくつか明らかにしました。

iOSとmacOは基本的にカーネル、グラフィックやオーディオ、レイアウト表示などのフレームワークセットも共通しているものの、最たる違いはユーザーインターフェース周りのUIKit。このUIKitはiOS用に開発されたもので、マウスやキーボードといったMac操作には対応せず。

新macOSのMojaveではUIKitが開発環境に取り込まれ、たとえばiOSの長押し操作がMac上で2本指タップに変換されたりと、特定の操作UIについては自動的に置き換えられるとのこと。もっとも、メニューやサイドバー周りの調整など、手作業が必要な部分もあるかもしれないと述べられています。

そして本題とも言える質問。macOS上に移行するiOSアプリは、タッチスクリーン搭載Macの自然な布石になるのでは?と記者が尋ねると、フェデリギ氏は「それはない」と言い、今後もその予定はないと回答。

フェデリギ氏は「Macを使う人間工学は、手をキーボード上に置くことを前提としてます。わざわざ腕を持ち上げてスクリーンを突くのは疲れますよね」と述べた上で、すでに市場に流通したタッチスクリーン搭載PCを「実験的」と呼び、魅力的ではないと付け加えています。

最近アップルはmacOSとiOSを統合したARMベースのタッチスクリーン搭載MacBookを開発中との噂も報じられましたが、完全否定されたようです。

もっとも、過去にスティーブ・ジョブズ氏が7インチタブレットに付き「作るつもりはない。あれは良い製品とは思えない」と言った後年に7.9インチのiPad miniがリリースされた前例もあるので、タッチスクリーンMac待望の人たちは腕を鍛えながら気長に待つのがいいかもしれません。
https://japanese.engadget.com/2018/06/09/mac-no/

続きを読む















メッセージ