PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


Apple

【PC】本日発売のiMac Pro、8コアXeonで56万円。最大構成は146万円超

1: 名無しさん@趣味人 2017/12/15(金) 00:49:06.71 ID:CAP_USER
Appleは、予告どおり14日よりハイエンド液晶一体型PC「iMac Pro」を発売した。

 標準構成は、8コア3.2GHzのXeon W、メモリ32GB、1TB SSD、Radeon Pro Vega 56(8GB HBM2)、5,120×2,880ドット表示対応27型Retina 5K P3ディスプレイを搭載し、税別価格は558,800円。14日時点でのお届け予定日は12月23日以降となっている。

 18コア2.3GHz Xeon W、メモリ128GB、4TB SSD、Radeon Pro Vega 64(16GB HBM2)に変更すると、税別146万800円となる。出荷には6~8週間かかる。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1097093.html

続きを読む

【知識】絶対にiPhoneを充電しながら使用するべきでない理由 / デメリットだらけ「危険だと警告表示」

1: 名無しさん@趣味人 2017/12/14(木) 12:17:53.02 ID:dYGkgmJ90● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
ライトニングケーブルでiPhoneのバッテリーを充電しながらiPhoneを使用すると、デメリットしかないことが判明した。

特にバッテリーの寿命がかなり短くなり、それはApple社も認めている事実。せっかく新品で買ったiPhoneも、「充電しながら使用しないiPhone」と比べ、著しく寿命が短くなることになる。

・絶対やめよう! デメリットだらけ
充電しながらの使用はiPhoneにとってデメリットだらけで、Apple社に話を聞いてみると、少なくとも以下のデメリットがあることが判明した。要約してお伝えする。

・iPhoneを充電しながら使用するべきではない理由
1. バッテリーがハイスピードで劣化する
「iPhoneを充電ケーブル接続されている間、iPhoneのバッテリー残量が一定数値下がると、自動で充電が再開されるので充電回数が増えていく。リチウムイオンバテリーの概ねの充電回数は決まっているため、その分劣化の可能性が高くなる仕様」

2. iPhoneが熱くなる
「充電しながらでは温度が上がりやすいことは事実。本体の温度が上がってしまう症状はiPhoneの仕様の問題。iPhoneの本体自体がアルミ合金製であるためCPUなど仕様率が上がった場合は、iPhone内部の熱を外部放出することでiPhoneの損傷を防ぐ仕様」

3. iPhoneの使用を抑える必要がでる
「持てないほどや、火傷するほどの熱が出ていなれば危険ではない。また一定の温度まで上昇した場合はiPhone自体に警告表示がされ、その場合はiPhoneの使用を少し抑えることでおさまる」

・充電中は使用せずに放置がベストか
外出中はモバイルバッテリーで充電しながら、家ではコンセントで充電しながらiPhoneを使用している人がいるかと思うが、よりiPhoneを長持ちさせたいならば、充電中は使用せずに放置しているのがいちばん良いようだ。

たとえ充電しながらiPhoneを使用したとしても、警告が表示されるほど熱くならない程度にしておこう。

詳細はソース
http://buzz-plus.com/article/2017/12/14/charging-iphone-battery/
no title

続きを読む

【PC】Apple、iMac Proのカスタマイズ注文の受付開始、一部の大口法人客が対象

1: 名無しさん@趣味人 2017/12/12(火) 20:06:47.52 ID:CAP_USER
Appleの法人営業担当が、12月発売予定と発表されていながら発売日の情報がないiMac Proのカスタマイズ注文を受け付けている、と米メディアAppleInsiderが複数の信頼できる情報源から得た情報として伝えています。
大口顧客にiMac Proのカスタマイズ注文を受付開始

2017年6月の世界開発者会議(WWDC 17)で発表された高性能デスクトップのiMac Proは、12月発売と案内されていますが、具体的な発売日はまだ発表されていません。

AppleInsiderが複数の情報源から得た情報によると、Appleの法人営業担当が、長期にわたり取引のある大口顧客に対して、iMac Proのカスタマイズ注文を受け付けている、とのことです。これは、顧客が購入資金を準備できるようにするための配慮と見られています。
標準構成や一部のカスタマイズモデルは年内出荷可能に

Appleは、2017年中に購入することで税制上のメリットが得られる顧客のために、iMac Proの標準構成モデルや一部のカスタマイズモデルについては、2017年のうちに出荷可能にするようだ、とも報じられています。

なお、iMac Proの最低価格は4,999ドル(約56万円)と発表されているものの、カスタマイズした場合の価格については発表がありません。6月に米メディアZDNetが、最上位構成にした場合の価格について、17,299ドル(約190万円)と推計しています。
iMac Proとみられるモデル番号「A1862」の登録も確認
最近、iMac Proとみられるモデル番号「A1862」が、ロシアなど5カ国で構成されるユーラシア経済連合(Eurasian Economic Commission:EEC)に登録されたことが判明しています。

これまで、EECへの登録情報公開から数日程度でAppleが新製品を発売する事例が複数あることから、iMac Proの発売日は近いと考えられます。
https://iphone-mania.jp/news-196776/

続きを読む

【IT】Apple、来年末にもiTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了か

1: 名無しさん@趣味人 2017/12/11(月) 05:59:00.37 ID:CAP_USER
Appleが、iTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了し、Apple Musicでのストリーミングに完全移行する、と複数の関係者からの情報をもとに、音楽業界の動向に詳しい米メディアDigital Music News(DMN)が報じています。
iTunes Storeでの音楽DL販売終了、計画を前倒しか

iTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了する計画は、2016年から動き出しており、その時期は3~4年以内という計画がある一方で、遅くとも2019年の年末、早ければ2018年末に前倒しされる、と複数の匿名の関係者がDMNに語っています。

音楽のダウンロード販売によるビジネスは、年々市場規模が縮小しており、ビジネスの中心はSpotifyやApple Musicなどのストリーミングへと移行しています。

ストリーミングでトップを走るSpotifyは、6,000万人以上の有料会員を持ち、無料会員を含めたアクティブユーザーは1億4,000万人以上に達しています。

一方、後発のApple Musicの有料会員は3,000万人を超えた程度にとどまっており、Appleはユーザーを引きつけるべく、独自の映像コンテンツの開発に取り組んでおり、Apple Musicのブランド見直しも検討されている模様です。
ダウンロードしたコンテンツはApple Musicに移行

Appleの計画に詳しい人物によると、ユーザーがiTunesでダウンロード購入したコンテンツは、Apple Musicに移行される、とのことです。

移行に際して、ライセンスの問題でストリーミング視聴できないコンテンツは、タイトルがグレーアウトして再生不可能になるそうです。

しかし、ユーザーはダウンロードされたコンテンツも引き続き利用可能で、将来的にライセンス契約先が拡大することでこの問題は解決に向かうだろう、と関係者は語っています。
肥大化したiTunesにもメスが入るか

iPodの登場後、ユーザーがコンピュータを介して音楽を入手する重要なインターフェイスとなっていたiTunesですが、近年はインターフェイスが複雑化し使いにくいとユーザーからの厳しい評価にさらされていました。DMNによると、iTunesはApple社内のエンジニアからも評判が悪いものとなっている、とのことです。

コンテンツのダウンロード販売からストリーミングへのシフトは、iTunesの機能やデザイン刷新も伴ったものとなるでしょう。

なお、2017年9月に公開されたiTunes 12.7では、アプリやブックを管理する機能を削除するなど、機能のスリム化が図られています。
https://iphone-mania.jp/news-196556/

続きを読む

2018年のiPhoneは金属ボディの低コスト版を発売

1: 名無しさん@趣味人 2017/12/10(日) 09:58:28.90 ID:DQ9fz+n/0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
no title


日経新聞のアジア方面に特化した英語ニュースサイト『Nikkei Asian Review』が、業界筋からの話としてAppleが2018年に
3種類のiPhoneをリリースする予定だと報じています。

情報によるとリリースされるiPhoneは有機ELディスプレイ搭載の大きさ約6.3インチと5.8インチの2種類と、
従来の液晶ディスプレイ(LCD)を採用した大きさ6.1インチの計3種類になるとのことです。

液晶ディスプレイと金属ボディでコストダウン
 
液晶ディスプレイを採用した場合、有機ELディスプレイと比べてコストダウンを図ることができます。

また、この6.1インチのiPhoneには金属ボディが採用されるとあるため、ワイヤレス充電機能なども省かれた低コスト版になると思われます
(iPhoneのワイヤレス給電規格Qiは金属素材に対応していない)。

さらに金属ボディであれば『iPhone 5c』のように、ピンクやグリーンなどのさまざまなカラーラインナップを揃えることもできます。

この情報が事実かどうかはまだ分かりませんが、2018年のiPhoneについてはiPhoneに詳しいKGI証券のアナリストのミンチー・クオ氏も
「3種類リリースされる」と伝えており、今年発売された『iPhone 8/8 Plus/X』のような展開を期待できるかもしれません。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20171209-00079075/

続きを読む














メッセージ





















セブンネット もしも