PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


Google

【スマホ】「Pixel 3/3 XL」、ドコモとソフトバンクで11月に発売

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/10(水) 14:57:53.42 ID:CAP_USER
 NTTドコモとソフトバンクは10月10日、米Googleが自社開発した新型Androidスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」を11月1日に発売すると発表した。10月19日午前10時に全国のキャリア取り扱い店舗やオンラインショップで予約を始める。KDDI(au)は「現時点で取り扱いの詳細は明かせない」(広報部)という。

 Pixel 3/3 XLはGoogleオリジナルのAndroidoスマートフォン。日本向けモデルは「FeliCa」に対応、国内でGoogle Payを使った“おサイフケータイ”機能が使えるようだ。Pixel 3は5.5インチ(443ppi)、Pixel 3 XLは6.3インチ(523ppi)のフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイを搭載。画面消灯時でも情報を常時表示できる「Always On Display」に対応する。Pixel 3 XLのみ、画面上部にノッチ(切り欠き)がある。

 OSは最新のAndroid 9.0 Pieを採用、プロセッサはオクタコア(2.5GHz+1.6GHz)のSnapdragon 845、メインメモリは4GB、ストレージは64/128GB、外部ストレージには非対応。

 Pixel 3の本体サイズと重さは、145.6(幅)×68.2(高さ)×7.9(奥行き)ミリ、約148グラム。Pixel 3 XLは、158.0(幅)×76.7(高さ)×7.9(奥行き)ミリ、約184グラム。
2018年10月10日 13時01分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/10/news088.html

続きを読む

【IT】グーグル、情報流出の恐れ 最大50万人、半年非公表

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/09(火) 07:35:35.90 ID:CAP_USER
 米IT大手グーグルは8日、交流サイト「グーグル+(プラス)」を利用していた最大50万人の個人情報が外部流出する恐れがあることを今年3月に把握していたと発表した。半年余り公表しなかった。社外の開発者が個人情報を閲覧できる状態になっていたが、情報の悪用は確認していない。グーグルはこの問題を受け、グーグル+の個人向けサービスを来年8月末までに終了する。

 グーグルは公表が遅れた理由について、情報が悪用された証拠がなかったことなどを挙げた。ただ、米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は8日、関係者の話などとして、グーグルに対する規制強化や企業イメージへの打撃を回避するため、事実を隠蔽していたと報じた。

 3月は米交流サイト大手フェイスブックの会員5千万人の情報が英政治コンサルティング会社に不正に使われたとされる問題が発覚した時期で、米議会では膨大な個人情報を抱えるIT企業への規制強化を巡る議論が活発化していた。
2018.10.9 07:15
https://www.sankeibiz.jp/business/news/181009/bsb1810090715001-n1.htm

続きを読む

【IT】「Google+」、2019年8月に一般向け提供を終了

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/09(火) 18:40:35.11 ID:CAP_USER
米Googleは、一般ユーザー向けに運営するSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「Google+」を2019年8月に終了すると発表した。法人向けにはその後も継続して提供する予定。

 Google+は2011年より提供されているが、利用が伸び悩んでいたことも、Googleでは提供終了の主な理由に挙げている。

 ただし、同社公式ブログでは、非公開設定にされている氏名、メールアドレス、生年月日、性別などの最大50万ユーザー分のデータが、原因となった「Google+ People API」のバグが発見・修正された2018年3月までの2年以上の間、外部の開発者が閲覧できる状態になっていたことにも触れている。

 漏えいした可能性のあるデータには、電話番号や住所、ほかのユーザーとやり取りしたメッセージなどは含まれない。

 Googleによれば、このAPIを利用した可能性のあるサードパーティー製アプリは多くとも438点に上るが、不正利用の証拠は見つかっていないという。ただし、このAPIのログは、約2週間分しか保存されていなかったとのこと。

 Googleでは、この発表に伴い、サードパーティー製のアプリが、Googleアカウントの個人情報へアクセスする許可について、より細かく権限を許可するよう変更することも明らかにしている。

 例えば、従来は、GoogleカレンダーやGoogleドライブなどからのアカウント情報へのアクセスは、まとめて許諾していたが、それぞれ個別の画面で許諾を行うかたちになる。

 Googleではこの問題は、GoogleアカウントおよびAndroidデバイスのデータへ、サードパーティー開発者からのアクセスをレビューするのが目的のプロジェクト「Project Strobe」の成果により発見されたとしている。そして、これまで問題を公表していなかった理由として、漏えいの規模がはっきりしなかったことを挙げている。ただし、この時期には、Facebookが英ケンブリッジ・アナリティカに不正にユーザーデータを提供したことで批判を浴びていた時期と重なっている。
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1146921.html

続きを読む

【IT】NEC、グーグルとクラウドで提携

1: 名無しさん@趣味人 2018/09/20(木) 15:06:38.02 ID:CAP_USER
 NECは20日、米グーグルとクラウド分野で提携すると発表した。グーグルが提供する音声認識などのサービスを顧客企業が導入する際にNECがシステム構築を支援する。インターネット経由で様々なIT(情報技術)を使えるクラウドは急速に成長しており、米IT大手と提携の輪を広げて需要を獲得する。

 グーグルは音声を自動でテキストとして書き起こすなどのサービスを提供している。このサービスを保険や不動産の販売店に導入すれば販売員の対応力を高めたり、会話の内容を記録として残したりできる。企業がこうしたサービスを導入する際、NECと子会社のNECネッツエスアイが支援する。

 自社でサーバーなどの機器を持たなくてもインターネットを通じてITサービスを使えるクラウドは利便性が高く、多くの国内企業が業務効率の改善やマーケティングのために活用している。NECはクラウド大手の米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)や米マイクロソフト(MS)とすでに提携している。グーグルとも協業することで提供できるサービスの幅を広げる。

 NECの榎本亮チーフマーケティングオフィサー(CMO)は「世界的なネットワークを持っていることがグーグルの強みだ」と述べた。NECは外部の企業に対してグーグルのクラウド技術を教えるトレーニングプログラムも2018年度中に始める。
2018/9/20 14:36
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35565310Q8A920C1X12000/

続きを読む

【自動車】自動運転の特許 評価でグーグルがトヨタなどを逆転

1: 名無しさん@趣味人 2018/09/12(水) 18:02:39.11 ID:CAP_USER
2018年9月12日 18:00 [有料会員限定]日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35273890S8A910C1MM8000?s=2

米グーグルが自動車の自動運転に関する特許競争力でトヨタ自動車などを逆転し、首位となったことが分かった。決め手になったのが自動運転車の「頭脳」を担う人工知能(AI)だ。自動車はデータを解析しながら走る製品へと変貌し、メーカー各社の競争の焦点も燃費向上や生産効率からデータの活用技術へと移る。大量の情報を競争力に変える「データエコノミー」の到来はハード重視で来た日本車各社を追い詰め始めた。

日本経済新…

続きを読む













 
 
 
 
 
 


 


メッセージ