PC部品や趣味徒然blog

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


Office365

【IT】Microsoftの「OneDrive」、15GBの無料容量がオプトインで持続可能に

1:海江田三郎 ★:2015/12/12(土) 22:03:55.17 ID:CAP_USER.net

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/12/news016.html

 米Microsoftは12月11日(現地時間)、11月に発表したクラウドストレージサービス「OneDrive」の提供方法変更について、
修正を発表した。非Office 365ユーザーは手続き(方法は後述)により、15GB(+カメラロールのボーナス15GB)を保持できる。

 11月に発表された変更では無料容量が減り、「Office 365」ユーザーに2014年10月から提供されていた容量無制限が1TBに減らされた(詳細はこちらの記事)。
 この変更に対し、Microsoftが開設している「OneDrive UserVoice」(UserVoiceはユーザーからの製品に対する意見を聞くサービス)に
「われわれのストレージを返せ」という意見が投稿され、7万件以上の支持が寄せられた。

これを受け、Microsoftは以下のように変更内容を修正した。

個人向け「Office 365」ユーザー
 変更内容は11月の発表と変わらないが、この決定に不服なユーザーに対しては、全額払い戻しする。無料容量は予定通り、無制限ではなくなり、1TBになる。

Office 365に加入していないOneDriveユーザー
 11月の発表では、現在15GBある無料容量が5GBになり、15GBのカメラロールボーナスもなくなることになっていたが、
こちらのリンクで「Keep your free storage」ボタンをクリックすれば、そのまま保持できる。
このリンクは2016年1月31日まで有効だ。それまでにボタンをクリックしないと、無料容量は5GBになってしまう
(5GB以上使っている場合は向こう1年間は保存しておける)。

企業向けOffice 365ユーザー
 今回の発表では触れられていない。
 MicrosoftはUserVoiceで、「11月の発表は、われわれの製品を使ってくださる顧客の皆様を責めているように
受け取られたことに気づいた。これについて、本当に申し訳なく思っており、コミュニティーに謝罪する」と語った。
Microsoftは11月の発表で、容量無制限を中止する理由の1つとして、OneDriveを大量のファイルのバックアップ場所として使うユーザーがいたため、と説明した。


関連
【IT】1人で75TBもアップロードしたユーザーのせいでOneDriveの容量無制限が廃止、無料で使える容量も減少に [転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1446618684/


続きを読む

無料のモバイルOfficeアプリで使えない「プレミアム機能」一覧

「Office 365」のサブスクリプションがないと「Office for iPad」と「Office for iPhone」で使えないWord、Excel、PowerPointの「プレミアム機能」をリストアップした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftのモバイル版Officeアプリ、「Office for iPad」と「Office for iPhone(旧「Mobile Office」)は、11月7日のアップデートで 「Office 365」のサブスクリプションなしで文書編集が可能になった。とはいえ、すべての編集機能が使えるようになったわけではなく、利用しようとすると「プレミ アム機能」と表示され、「Office 365」のアプリ内購入を促される、無料では使えない機能もある。例えば下の画像は、「Word for iPad」の塗りつぶし機能でユーザー設定の色を使おうとした際の表示だ。

Office yu_ipad
続きを読む

MS、「Office 365」ユーザーに「OneDrive」ストレージを無制限で提供

2014/10/28 12:09

microsoft_one_drive_184x138 Microsoftは米国時間10月27日、「Office 365」の全登録ユーザーに対し、サブスクリプションの一部として「OneDrive」ストレージの容量を無制限に提供することを発表した。Microsoftは2014年6月、Office 365ユーザーに提供するストレージ容量を1テラバイトに増やすと発表したばかりだ。さらに9月には、OneDriveにアップロードできるファイルサイズの上限を2Gバイトから10Gバイトに拡大している。

 一般消費者向けOffice 365の利用料金は月額6.99ドル(年額69.99ドル)からで、法人向けは 1ユーザーあたり年額99ドルからとなっている。これらのプランには全て、「Office」デスクトッププログラムの完全版と、「iPad」などのモバイ ルデバイスでOfficeを利用できる権利が含まれている。年額99.99ドルの「Office 365 Home」では、家庭の最大5人までが1人あたり1テラバイトのストレージを利用できるが、今後はこれもおそらく無制限へとアップグレードされる。また先 ごろ追加となった法人向け「Office 365 Business Essentials」プランは、1ユーザーあたり年額60ドルで「OneDrive for Business」と電子メールの「Exchange Online」などを利用できるが、Officeのデスクトップおよびタブレット向けアプリケーションは含まれない。

続きを読む

【ソフトウェア】日本マイクロソフト、個人向け「Office 365」提供を2014年内に開始 2014/07/03

1:北村ゆきひろ ★:2014/07/03(木) 23:00:20.40 ???

日本マイクロソフトは、7月2日に2015年度の経営方針記者会見を行った。
このなかで、日本マイクロソフト代表取締役社長の樋口泰行氏は、Office 365の
日本コンシューマー市場における取り扱いに言及し、2014年のうちに提供を開始することを明らかにした。

 樋口氏は、コンシューマー向けクラウド事業の展開においてOffice 365のコンシューマー提供を
「日本市場に最適化して」行うとしている。記者会見では、提供開始の具体的な時期や日本市場に最適化する
具体的な内容を明らかにしていない。

 ただ、記者会見で日本ではPCにプリインストールする形態でMicrosoft Officeを購入しているケースが多く
それを踏まえた形や、従来のパートナー企業と築いてきたエコシステムを活用する形で
日本市場に導入していきたいという考えを示している。

 なお、記者会見の内容については、後刻、追記にて紹介する予定だ。



http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1407/02/news084.html


続きを読む

米Microsoft、無料で使えるOneDrive容量を15GBに

~「Office 365」ユーザーは1TBに

 米Microsoftは23日、オンラインストレージサービスOneDriveの容量、価格改定を発表した。


 無料で使える容量は全員が15GBに、Office 365利用者には全員1TBになった。また容量追加の有料プランも大幅に値下げした。


 この改定は来月から実施され、改訂内容は自動的に変更される。利用者側が新たに手続きを行う必要はない。

続きを読む






LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ







メッセージ
Google検索

出品中の商品はこちら













リンクRSS
  • ライブドアブログ