PC部品や趣味徒然

IT・PC関連ニュースで気になったものやパーツを紹介しています


iPad

【製品】Apple、新型「iPad Pro」発表 USB-CとFace IDを採用、ホームボタンは廃止

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/31(水) 01:21:34.32 ID:CAP_USER
 米Appleは10月30日(米国時間)、iOS搭載タブレット「iPad Pro」の新モデルを発表した。11インチと12.9インチの2モデルを用意する。iPhone同様にホームボタンと3.5ミリイヤフォンジャックを廃止し、前面のディスプレイ領域をふちまで広げた狭額縁デザインを採用した。接続端子にはiOSデバイス初となるUSB-Cを搭載する。価格は11インチが8万9800円から、12インチが11万1800円(いずれも税別)から。
no title


 周辺機器として、iPad Pro本体にマグネットで取り付けられる新型の「Apple Pencil」とキーボード兼カバーの「Smart Keyboard Folio」を用意する。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/30/news149.html

続きを読む

【製品】新しいiPad miniとAirPowerが2018年後半から2019年前半にかけてリリースされる見込み

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/24(水) 10:47:08.05 ID:CAP_USER
Apple関連のリーク情報で高く信頼されているアナリストのミンチー・クオ氏が、新型iPad miniとなる「iPad mini 5」と、iPhone Xと同時に発表されたもののその後音沙汰なしとなっていたApple純正のワイヤレス充電器「AirPower」が、2018年後半から2019年前半にかけてリリースされると予測しています。

TF International Securitiesのアナリストであるクオ氏は、Appleのサプライチェーンに信頼できる情報源を持っており、製品発表前に数々の正確なリーク情報を出してきたという人物。クオ氏は10月30日に開催されるイベントの中で、USB Type-C搭載の新型iPad Pro、新型iPad Pro用の新しいデザインのApple Pencil、低価格帯のMacBook、新しいMac mini、新型プロセッサ搭載のiMacなどを含む少なくとも3種類以上の新しいMacなどが登場すると予測しています。

イベントで発表されると思われる新型iPad Proについては、以下の記事を読めばどのようなモデルになると予測されているかがわかります。

10月30日開催のイベントの中で発表されるかどうかは不明としながら、これらとは別の新しいプロダクトをAppleが製造しているとクオ氏は明かしています。その新しいプロダクトというのは「アップグレードされたプロセッサと低コストのパネル」を使った新型iPad mini(iPad mini 5)だそうです。クオ氏によると、このiPad mini 5は2019年春にAppleが開催するイベントの中で発表される可能性が高いとのこと。Apple関連ニュースメディアの9to5Macは、「Appleは過去2年間で9.7インチのiPadをアップデートしているため、速度の改善や大きなアップグレードのない7.9インチのiPad miniは、2019年のプロダクトラインにうまく適応できるだろう」と記しています。

Appleは現行モデルとなるiPad mini 4のWi-Fiモデル・128GBを税別4万5800円で販売していますが、この端末はApple PencilやTrue Toneといった最新テクノロジーに一切対応しておらず、心臓部となるA8チップは2014年に発売されたiPhone 6/6 Plusに採用されたものと同じSoCです。加えて、9.7インチiPad(第6世代モデル)のWi-Fiモデル・32GBはより安価な税別3万7800円で購入可能となっており、A8よりも2世代も新しいA10チップが搭載されています。そのため、iPad miniで4年ぶりのアップグレードが行われるのではとみられています。

クオ氏はiPad mini 5がどのような価格帯でリリースされることになるのか明かしていませんが、9to5Macは「ハイエンドモデルのようには思えないので、Touch IDと現行のデザインは踏襲されるのでは」と記しています。

また、クオ氏はiPhone Xと同じタイミングで発表されたApple純正のワイヤレス充電器「AirPower」が、2018年の第4四半期後半もしくは2019年第1四半期前半にリリースされると予測しています。AirPowerはワイヤレス充電機能に対応した新しいAirPodsと一緒に発表されるとのことです。

なお、2018年7月31日にリリースされたiOS 12のベータ版である「iOS 12 beta 5」の中に、専用ケースのワイヤレス充電が可能になった新型AirPodsの画像が含まれていたことが報じられており、ワイヤレス充電機能に対応した新しいAirPodsの登場はほぼ確実とみられています。
2018年10月24日 09時58分
https://gigazine.net/news/20181024-ipad-mini-5-airpower/

続きを読む

【企業】新型アイパッドか アップルが30日に発表会

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/19(金) 10:54:41.30 ID:CAP_USER
 米アップルは18日、30日にニューヨークで発表会を開くと明らかにした。報道関係者に案内文を送った。米メディアは、タブレット端末「iPad(アイパッド)」とパソコン「Mac(マック)」の新製品が発表される見込みだと伝えた。(共同)
2018.10.19 07:07
https://www.sankeibiz.jp/business/news/181019/bsf1810190707001-n1.htm

続きを読む

【IT】これが新型iPad Proの姿? 超薄型なレンダリング画像が登場

1: 名無しさん@趣味人 2018/10/11(木) 20:41:23.94 ID:CAP_USER9
かっこいいけど、iPad Proっぽくない…。

いよいよ正式発表も近いと思われる「新型iPad Pro」ですが、海外ではそのレンダリングと思わしき画像が登場しています。ホームボタンなしにノッチなし、はたして新型iPad Proはこの姿で登場するのでしょうか…?

リークアカウントのBen Geskinが投稿した、今回の画像。そこには以前9to5Macが報告したように、ベゼルが大幅に狭くなった新型iPad Proの姿が確認できます。噂が正しければ新型iPad Proでは顔認証機能「Face ID」が利用できるはずですが、そのための「TrueDepthカメラ」がどこに位置しているのかは、残念ながら確認できません。

no title


本体背面にはシングルカメラを搭載。また本体周辺のエッジが角ばった、まるで「iPhone SE」のようなデザインであることも確認できます。

no title


本体の厚みは5.86mm。10.5インチiPad Proの6.1mm(12.9インチモデルは6.9mm)から、さらに薄型化していることがわかります。この薄さ、まるでMacBookの液晶側のようですね。

新型iPad Proは10月末、あるいは11月のイベントでの発表が予測されています。その他にも新型の「Magnetic Connector」や「新型Apple Pencil」など気になる噂は多いのですが、キーボードカバーなどの買い替えが必要になるのかどうかはちょっと心配ですね。

2018.10.11 18:00
https://www.gizmodo.jp/2018/10/new-ipad-pro-rendering-image.html

新型iPad Pro
no title

続きを読む

【画像】 新型iPad(25800円)の予告状がわかりやすすぎ

1: 名無しさん@趣味人 2018/03/27(火) 15:47:06.50 ID:54jv6ww00 BE:422186189-PLT(12015)
no title


3月27日のイベントの招待状。Appleのロゴが、感圧式(あるいは傾き検知)の
スタイラスでスラスラっと書いたようなイラストとなっています。

ここからも、新たに発表される廉価版iPadがApple Pencilに対応することが予測できますね!

事前情報では259ドル(約2万9000円)で販売されるとも噂される、廉価版iPad。
お求めやすいモデルが登場すれば、iPadから遠ざかっていた僕もまた食指が伸びるかもしれません。

https://www.gizmodo.jp/2018/03/ipad-apple-pencil.html

続きを読む













 
 
 
 
 
 


 


メッセージ